原点 THE ORIGIN 戦争を描く、人間を描く

原点 THE ORIGIN 戦争を描く、人間を描く

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、『虹色のトロツキー』など歴史に材をとった作品を世に送ってきた漫画家・安彦良和。戦い、殺し合ってしまう人間を、彼は、なぜ、どのように描いてきたのか。東奥日報記者・斉藤光政がその人生に迫り、ついに安彦本人も自らの「原点」を綴った! 生い立ち、学生運動、アニメ・マンガ界での出会いと模索……。作品世界のバックには、この人間観があった!

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
352ページ
電子版発売日
2017年04月20日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
26MB

原点 THE ORIGIN 戦争を描く、人間を描く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    1968半世紀読書シリーズの流れで「革命とサブカル」を読もうとし、その前に「原点」読んでおいた方がいいと思い手に取りました。ガンダムのアニメーターとしても、「虹色のトロツキー」の漫画家とも認識はしていましたがアニメは見てもコミックには触れていなかったので、本書を「機動戦士ガンダム THE ORIGI...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月14日

    宮﨑駿に会いたいと言ったら「そんな人は知らない」と断られた話とか、ベトナム反戦運動なんかやってたら懲役八ヶ月執行猶予三年になったとか、原点というか汚点も書かれていておもしろい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】
    ・期限きたので返却だけど再読したい。ガンダム、あるいは「ORIGIN」の制作舞台裏を期待したの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています