星に願いを、そして手を。

星に願いを、そして手を。

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【第29回小説すばる新人賞受賞作】「小説すばる新人賞」史上最年少受賞! 大人になった僕たちの、“夢”との向き合い方。16歳の現役高校生が描く、ストレートな青春群像劇。中学三年生の夏休み。宿題が終わっていない祐人は、幼馴染の薫、理奈、春樹とともに、町の科学館のプラネタリウムに併設された図書室で、毎年恒例の勉強会をおこなっていた。そんな彼らを館長はにこやかに迎え入れ、星の話、宇宙の話を楽しそうに語ってくれた。小学校からずっと一緒の彼らを繋いでいたのは、宇宙への強い好奇心だった。宇宙の話をするときはいつでも夢にあふれ、四人でいれば最強だと信じて疑わなかった。時が経ち、大人になるまでは――。祐人は昔思い描いていた夢を諦め、東京の大学を卒業後、故郷に帰り、公務員となった。そんな祐人を許せない理奈は、夢にしがみつくように大学院に進み、迷いながらも宇宙の研究を続けている。薫は科学館に勤め、春樹は実家の電気店を継いだ。それぞれ別の道を歩いていた彼らが、館長の死をきっかけに再び集まることになる――。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年02月24日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年08月14日

作者高校2年生なんですね。すごいなー

思い出して描いた訳じゃないから、
なんだか瑞々しいんですかね(*^^*)

次回作も期待します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月12日

夏休みいっぱいで閉館が決まった町の科学館。
そこにあるプラネタリウムに関わる三世代に渡る友情と宇宙への思いを、教え子世代、孫世代の両方から描く。
教え子世代は、それぞれ社会人として暮らし始めており、高校時代の夢を追っているもの、あきらめたもの、それぞれの思いで科学館の閉館に臨む。そこに、館長の孫で現...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月26日

人生を生き抜くのに勇気をもらえる言葉が散りばめられていて
16歳の高校生に教えられる、っていうね、びっくり体験 ^^

くすっと笑わせるセリフの応酬が楽しい!!
あるある!こういう会話、と 思うから するするっと話が入ってきます。

中学生の頃、宇宙を夢見ていた4人の少年少女は いつしか夢を諦めて生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月18日

天文好きなのでタイトルに惹かれて読んでみた。学生さんかな?と思ったらまだ高校生で驚いた。達観してるなぁ。
高校から大学に進学する時って、一番好きなものを確かめると同時に好きなものから距離を置いてしまう時期でもあるかもしれない。ただその道に進めなくても携わり続けることは可能だから諦める必要はないと思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月25日

すごいよかった~~!とうとう自分と同学年自分より年下が出てきたか…自分の才能のなさが悲しいけど嬉しい(^^)
すごいピュアピュアしててでも面白くて今後も読みたい~!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play