蒼天の艦隊[1]黒潮部隊出撃!

蒼天の艦隊[1]黒潮部隊出撃!

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

昭和16年12月、真珠湾攻撃によって米太平洋艦隊の主力を壊滅させた日本は、直後ウェーキ島とグァム島を攻略、占領に成功した。太平洋の支配力において劣勢に立たされた米軍だが、大統領に反撃作戦の立案を厳命された海軍のキング作戦部長は、陸海軍の作戦参謀からヒントを得てある奇策を思いつく。それは、空母から陸軍の長距離爆撃機を発進させ、日本本土を奇襲爆撃するという作戦だった。一方、脆弱な本土東方海域の防衛に危惧を抱く山本五十六聯合艦隊長官は、徴用漁船だけで編成されていた監視隊・黒潮部隊の増強を指示。第二戦隊の戦艦四隻を配備すると同時に、インド洋作戦に向かう南雲機動部隊から『飛龍』『蒼龍』を分派し、強力な警戒線構築に乗り出す。逆転を目指し暗躍する米軍と敵空母部隊の殲滅を目論む日本。蒼天に忍び寄る暗雲のもと動き出した日米の壮大な戦略の行方は?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
201ページ
電子版発売日
2016年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

蒼天の艦隊[1]黒潮部隊出撃! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

     日本海軍における東方海域の監視隊と米国におけるドゥーリットル隊の発足に焦点を当てた少し珍しい視点の作品。とにかく日米双方で事がうまく運ばないためなかなか物語が進まない。ただ、状況が容易に想像出来るだけに過酷さ、苛烈さだけは伝わってくる。おそらくドゥーリットル隊を発見するか否かがターニングポイントと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

蒼天の艦隊 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 蒼天の艦隊[1]黒潮部隊出撃!
    昭和16年12月、真珠湾攻撃によって米太平洋艦隊の主力を壊滅させた日本は、直後ウェーキ島とグァム島を攻略、占領に成功した。太平洋の支配力において劣勢に立たされた米軍だが、大統領に反撃作戦の立案を厳命された海軍のキング作戦部長は、陸海軍の作戦参謀からヒントを得てある奇策を思いつく。それは、空母から陸軍の長距離爆撃機を発進させ、日本本土を奇襲爆撃するという作戦だった。一方、脆弱な本...
  • 蒼天の艦隊[2]インド洋大海戦
    日米開戦から三カ月、連戦連勝で西太平洋を制圧した南雲機動部隊に対し、軍令部はインド洋の英国艦隊撃滅を命じた。だが、聯合艦隊司令長官・山本五十六はこの作戦に危惧を抱いていた。機動部隊が太平洋不在の間に、脆弱な防衛線を衝いて米空母部隊が東方から攻めてくる可能性は否定できないのだ。一方、二航司令長官・山口多聞少将はこの状況を逆手にとる作戦を発案。それはインド洋の戦いに注力している...
  • 蒼天の艦隊[3]本土東方最終決戦
    インド洋の戦いで南雲機動部隊は英国東洋艦隊を撃ち破り、みごと山口多聞少将率いる撫子艦隊を陽動する役目を果たした。聯合艦隊の主力が太平洋にいないことを確認したニミッツ太平洋艦隊司令長官は、陸軍双発機による東京空襲――シャングリラ作戦を正式に発動。日本はハルゼー少将麾下五〇隻の大艦隊をハワイから誘き出すことに成功したのだ。敵艦隊はいつ来襲するのか? 内地で待ち受ける山本五十六聯合...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています