サーモン・キャッチャー the Novel

サーモン・キャッチャー the Novel

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

場末の釣り堀「カープ・キャッチャー」には、「神」と称される釣り名人がいた。釣った魚の種類と数によるポイントを景品と交換できるこの釣り堀で、もっとも高ポイントを必要とする品を獲得できるとすれば、彼しかいない、と噂されている。浅くて小さな生け簀を巡るささやかなドラマは、どういうわけか、冴えない日々を送る6人を巻き込んで、大きな事件に発展していく――。意外性抜群のコラボによる傑作オフビートエンタメ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
電子版発売日
2016年12月09日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

サーモン・キャッチャー the Novel のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月04日

    文句なしに面白い。バラバラの点が一つになる快感はさすが、上手いし、ユーモアのセンスもあるんだな、、かなり面白かった。ヒツギム語。
    読後感が最高。重すぎず軽すぎず、後味すっきり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月13日

    もう、このヒツギム語がツボ過ぎて、読み終わっても頭から離れなくって、すぐにまた読み返してしまいました!

    クスッとしたり、ドキドキしたり、ほっこりしたり、ホロッとしたり、なんかスッキリしました!
    (特にタイトル!)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月01日

    太宰治の短編「魚服記」は、父親に犯された後、滝に身を投げた少女がそのまま鮒になってしまうというお話だが、主人公の一人、ヨネトモの初恋の物語とその後の展開はその「魚服記」を思い出させた。そして、太宰と同じように叙情性に溢れ、心を打つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月31日

    なんとも愉快で不思議な小説。さまざまな人生を送っている人たちに降りかかる、それぞれの小さな事件。それらが全部繋がって、やがて判明する事の次第。ユーモラスでコミカルでスリリングで、そしてほんの少しほろりとさせられます。
    なんといっても導入でやられました。いったい何が何だか分からない。だけど何なのかが気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月22日

    中盤くらいまでは面白かったけど、最後にかけてはドタバタ過ぎるかなー。
    とても舞台っぽく、映像が浮かぶよう。
    何時間かかるんだって思うけど笑

    KERAさんの舞台はいくつか見ているけど、こんなのやっていたのねー。
    舞台はどんなだったのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    図々川付近でそれぞれの思いや過去を抱えて生きている複数の登場人物。
    最初の方は短い間隔で場面があちこちに飛び、ミスリードしている箇所もあるから、それぞれの状況を把握するのに頭がこんがらがりそうだった。
    それが途中から少しずつ絡み合い、最後には伏線もしっかり回収されて、スッキリ。
    読みやすく、面白かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月22日

    ちょっとガチャガチャした伊坂幸太郎作品って感じで何度か前に戻ったけど、面白かった。ケラさんの映像化に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月01日

    いろんな言葉を遊んで楽しんで、めっちゃ面白かった。

    すべての登場人物の様々な事情と気持ちを
    投げ入れた川から、
    広げた風呂敷ならぬ
    投げた網に見事にすべてを入れて引き上げた感じ。

    嫌らしいくらいの伏線回収は
    どの作家がやっても大好物ですが、
    面白いのは道尾さんが上手いからです。

    ヒツギム語がよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月06日

    広島という店長がやってる釣り堀。
    そこで鯉を釣り上げるのがカープキャッチャー。

    内気すぎる兄の妹は、ユウレイ⁉︎
    神ってなに⁉︎
    お屋敷のお婆さん、便利屋やってる中年男、その娘が釣り堀でバイトしてて。
    謎の中年女に、拉致されるヒツギム人まで出てくるし。

    なんでもあり⁉︎なドタバタ劇で。おもしろく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月23日

    鯉を釣り上げることでポイントを稼ぎ、景品をゲットするカープ・キャッチャー。そこで働く女の子、そこでひたすら鯉を釣る"神"、ホラー映像のため訪れた兄妹、など様々な人の物語。

    ドミノみたいに、どんどん人々が繋がっていく様子が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング