米中もし戦わば 戦争の地政学

米中もし戦わば 戦争の地政学

作者名 :
通常価格 2,000円 (税込)
紙の本 [参考] 2,095円 (税込)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

◆トランプ政策顧問が執筆!◆

・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。
・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。
・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。
・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線。その内側の制海権を中国は握りつつある。
・歴史上、既存の大国と台頭する新興国が対峙したとき、戦争に至る確率は70%を超える。

経済、政治、軍の内情……。
最前線の情報をもとに、米中戦争の地政学を鮮やかに読み解く。
トランプの政策顧問による分析で、日本の未来が見えてくる!

解説:飯田将史(防衛省防衛研究所 地域研究部 中国研究室 主任研究官)

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年12月02日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年06月15日

今や世界第2位のGDPを誇る中国は東シナ海および南シナ海へと海洋進出を図り、軍備を拡張し続けている。それにアメリカはどう向き合うべきなのか。中国の海洋進出により周辺諸国との緊張が高まり、何かのきっかけで地域紛争が発生した場合、アメリカは同盟国の守るために戦力を投入するのか。その時米中は戦争へと向かっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月05日

情報量とても多いです。
この一冊で「いまアメリカ政府(トランプ大統領)がどうしてこのような外交を行っているのか」が理解できます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月21日

米中の比較を基礎にして、東アジアの情勢や国力、軍事力の考え方が参考になった。

大国に対し、追い上げる国がある場合は、歴史上争いになることが多い。
中国は100年の恥辱をはらおうと列強に対抗している。
インド、日本、北朝鮮、ベトナムに戦争の火種が想定される。
対立した場合には一方的な結果にはならない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月31日

非常に具体的で現実的な角度から米中の関係性や過去未来を語っていてとても面白かったです。
北朝鮮問題を抱える東アジア情勢を検討していく上でとても良い判断材料ですね。
良い本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月30日

中国関連、安全保障の分野において必読本ではないでしょうか。

中国には脅威を感じていましたが、その脅威が倍増し、アメリカの国力の弱体化を知らされ日米安保にも不安を覚える。

トランプの発言、政策からピーター・ナヴァロの思想が大きく影響を与えていると思った。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play