みかづき

みかづき

作者名 :
通常価格 1,798円 (税込)
紙の本 [参考] 1,998円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。山あり谷あり涙あり。昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
472ページ
電子版発売日
2016年12月02日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月08日

ボリューミーなページ数だけど、読み始めたら止まらない。あっというまに読み終わってしまった。これは面白くて良い小説だ、「蜜蜂と遠雷」という傑作相手に本屋大賞を争っただけのことはある。結果は受賞を逃したが、こっちも負けずにおもろいぞ!

塾を通して戦後史、そして3世代にわたるサーガを語るという発想がまず...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月13日

とても読み応えのある作品でした。
教育に携わる親子三代の物語。
学校じゃなくて塾という環境から語られる教育を扱う作品っていうのがちょっと珍しい。
聖人君主でもなく、教育に熱量はあるものの曲者の登場人物達。
歳をとるにつれ丸くなる感じも良くって、でも熱量だけは静かに受け継がれているのがよかった

20...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月08日

昭和36(1961)年から45年間にわたる学校教育の変遷を塾経営、教師、学習支援といった教育とのかかわりをもった3代の家族の視点で描く。
学習意欲を掻き立て、生涯にわたって自ら学び・考え・行動できる人間を育てる教育。理想の難しさを感じると同時に、理想に期待したいと想った。
18-57

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月04日

大島家三世代の時代を渡って受け継がれていく教育・教鞭の物語。じっくりと焦らず時間を追うように物語とすごせました。読後感がとても素晴らしいです。子ども達と心で魂で向き合う登場人物達の姿に私も力をもらいました。千明と吾郎の孫の一郎くんも良かったなぁ。一郎くんの今後もとっても楽しみ、わくわくと、本を閉じま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月01日

2018.3.29
読み応え十分。それでも最後の方は、終わっちゃう・・と少しさみしく思いながらページをめくった。
吾郎、千明、蕗子、蘭、菜々美、一郎、杏、そして頼子。
塾が誕生した昭和から、平成の最近の塾の在り方等が描かれる。最近ではもはや一般的になった塾通いも、昔はこうも違ったのかと驚きだった。そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play