五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2]
  • 最新刊

五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2]

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

29歳、女を知らぬ女嫌いの美貌の皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。
女を知り、恋をした――。五龍国皇帝・雷零が欲するはただひとり。

氷咲の導きで無事に筆おろしをすませた雷零。女の体を知り喜ばせるための行為は、氷咲に触れるための行為となり、雷零は氷咲の心のやわらかい部分に寄り添い、想いを確かなものにしてく。
雪に包まれ作物がろくに育たぬ土地にすむ氷麗族のために物資を得る――と割り切り、閨の指南役となった氷咲だったが、この世でいちばん美しく大切なもののように扱い、熱い想いを隠さず欲する雷零に心を溶かされ、いつしか甘く睦みあう関係へと……。
だが、この関係は期間限定。たった一ヵ月のひめごとに終わりを迎える。
氷咲は雷零の前から姿を消し、雷零の手に残るは白い羽のみ。決められていたことと割り切るには想いが深く慟哭する雷零のもとに、炎鮮族の姫・紅彩が輿入れをする日が訪れ――。

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
eロマンスロイヤル
電子版発売日
2016年11月25日
サイズ(目安)
6MB

五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2] のユーザーレビュー

    購入済み

    すごく良かった!

    ai 2017年03月21日

    女族長のヒロインが年下の女嫌いの童貞皇帝に1ヶ月の契約でH指南をするという身もふたもない設定ですが笑
    最近読んだTLというか小説の中では抜きん出て面白かったです
    ヒロインといっても女族長の主人公はすごくクールで童貞で年下の皇帝を呆れながらもあしらってリードして行くのが新鮮でした

    けれど初心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    初々しい

    みずたまーち 2019年11月14日

    未亡人と童貞という、珍しいパターンで
    好みの設定ではなかったのに、
    読み始めたら止まらない!
    強い未亡人がかっこよくリードしたり、
    皇帝をうまくいなすところが
    とてもよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    派手さはないが、清々しい

    包子 2020年07月07日

    色々読んだけども、中華風の後宮という設定でも、あらすじの通り、ストーリーは珍しいと思う。

    皇帝の雷零に年上で寡婦の氷咲が閨事を指南するという。氷咲は龍族の族長で強く凛とした美しさがある。雷零は見た目こそ雄々しく美しいが、駄々っ子なところがあるからこそ、氷咲との組み合わせがぴったりなのだ。

    ストー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    完結編、読み応えあり!

    P 2016年12月03日

    五龍国シリーズの完結編です。本作では、Hを指南する氷咲と、雷零の二人が、心惹かれていく様子がじっくりと描かれています。しかしこの関係は一ヶ月の期間限定なので、最後は悲しい別れが待っている…という設定です。あまりファンタジーは読まないのですが、この作品はキャラクターがみな魅力的でとても気に入りました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

五龍国物語 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[1]
    29歳、女を知らぬ女嫌いの皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。 国の未来を左右する、とても大事なひめごとは、皇帝陛下の閨指南。 「どうか、皇帝陛下の閨の指南役として、雷帝城へといらせられませ」 「……は?」 氷麗族を統べる長である氷咲のもとに、ある日、見知らぬ男たちがやってきて告げた言葉は国の未来を左右する、とても大事なひめごとだった。 后をひとりも娶らず、愛妾を侍らすこともない...
  • 五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2]
    29歳、女を知らぬ女嫌いの美貌の皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。 女を知り、恋をした――。五龍国皇帝・雷零が欲するはただひとり。 氷咲の導きで無事に筆おろしをすませた雷零。女の体を知り喜ばせるための行為は、氷咲に触れるための行為となり、雷零は氷咲の心のやわらかい部分に寄り添い、想いを確かなものにしてく。 雪に包まれ作物がろくに育たぬ土地にすむ氷麗族のために物資を得る――と割り...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています