告白の余白
  • 値引き

告白の余白

作者名 :
値引き価格 829円 (税込) 9月27日まで
通常価格 1,382円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「京女の言うことは、言葉どおりに受け取ったほうが幸せえ?」家を出た兄が実家の農地の生前贈与を求めて突然帰ってきた。しかし、「2月末までに清水京子という女性が来たら土地を譲渡してほしい」という遺書を記し自殺。兄はなぜ死んだのか。そして、女は何者なのか。期限の意味は。死の真相を知るため、弟の英二は一人京都へ向かうが――そこは老舗女将、京美人、狡猾な老職人など曲者渦巻く町。腹黒、嫌味、皮肉が飛び交う町が真実を覆い隠し謎は深まるばかり……。会話すべてが伏線!一人一人の“本音”を見過ごすことなく、あなたは真相に辿り着けるか。大注目の乱歩賞作家が「言葉」に罠を仕掛けるノンストップミステリ。次々と表裏、黒白、真偽が逆転。最後の1ページまで気が抜けない!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年11月22日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月15日

京都にまつわる 心の駆け引き 謎自体は 予想が付く結末になるが 二転三転する 会話の真意 表と裏 とても面白い小説 主人公が 裏見のエマを発見するシーンは 背筋がゾッとした

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月19日

主人公は、双子の兄を演じていくうちに京都の土地柄を知るようになる。そして終盤で「先入観で判断してはいけない」という思いに至る。これはつまり読者である自分の戒めでもある。京都での人間関係の複雑さを語り、京女の怖ろしさを描きつつ、極端な思いこみにくぎを刺すのだ。目的はこれか?

終わり方の曖昧さは、読者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月17日

京都の女に関わった故に自殺をした兄の過去を知るために京都に行った弟。そこには計り知れない京都女の怖さあった。物語と共に京都の文化や歴史が知れる。併せて京都弁の奥深さを楽しめる。
結末はやや意味深に終わってしまうが、後は読者自身が考えるかもしれない。
後半の物語の展開は十分楽しめる。お勧めの本である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月08日

京都(京都人)のいやらしさや、わかりにくさはそのまんまミステリーになるのね。
対比的な立場で土佐人をもってきたところがなんともニクイね。
ええ、どうせ単純明快ですわよ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月13日

人の心の中はわからない…。結局、本心はわからないままだった。京女は恐ろしい…(京女に限らないかもしれないけど)

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play