最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

ノンフィクション13位

最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、やはり只者ではなかった。口笛で合格した世界チャンプがいるかと思えば、ブラジャーを仮面に、ハートのニップレス姿で究極の美を追究する者あり。お隣の上野動物園からペンギンを釣り上げたという伝説の猛者は実在するのか? 「芸術家の卵」たちの楽園に潜入した前人未到の探検記。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年01月12日

小説家である二宮敦人氏によるノンフィクション作品。

東京藝大のキャンパスは上野だが、上野だけでは収まりきらず北千住や茨城の取手市にもある。そして上野のキャンパスも、音楽を専攻する音校、美術を専攻する美校、に分かれているそうだ。ちなみに二宮氏の奥さんは現役の藝大生、美校で彫刻を学んでいる。

タイト...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月11日

これは面白い。
これまで美術館、コンサートは数回、彫刻・絵画に興味なし、聞く音楽は流行り物程度の人生を送ってきたが、まさに別世界。
なにげに消費している芸術にもこんな一面があり、そしてこんな大学があったなんて(名前は聞いたこと有り)・・
どの世界にもプロがいるんだと改めて実感。
藝祭、一度行ってみた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月09日

名前でけは聞いたことのあった藝大。
こういう本でも出なければ、読まなければどんな大学なのか興味のかけらもなかった大学。

芸術をする人ってそれが好きだからやってるんだと思っていた部分もあったけれどもそうじゃない人もいて、また私の中での芸術家に対する見方が変わった。
それでも、作品や音楽に対する姿勢は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月08日

冒頭の藝大生の奥様の話が面白かったので、そのエピソードだけでエッセイが書けるような感じ。

内容としては、音校のリア充感と美校の変態天才感が感じられて面白かった。
共通点があるとすれば、愚直に芸術を極めんとするひたむきさという感じ。
そして、会話のあちこちに感じる頭の良さ。

ただ、冒頭の奥様のトン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月05日

経済効果、イデオロギー、環境問題、領土問題、効率化…、現代社会で避けては通れない各種問題と皆が直面していると思ったら、全く関係ない世界が東京の真ん中にあった。まさに最後の秘境とと言える場所である。

国を豊かにするために、農業、工業を興し、それらを発展させるために、農学、工学があり、その基礎としての...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play