最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、やはり只者ではなかった。口笛で合格した世界チャンプがいるかと思えば、ブラジャーを仮面に、ハートのニップレス姿で究極の美を追究する者あり。お隣の上野動物園からペンギンを釣り上げたという伝説の猛者は実在するのか? 「芸術家の卵」たちの楽園に潜入した前人未到の探検記。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年01月14日

奇妙な人たちの集まり。その本質は、やさしくて、真摯にまっすぐ。自分の能力とか性格とかを考えても、その世界に身を置くことはできそうにないけれど、本を読んで外から眺めるぶんにはかなり面白い。こうも違いがある音校と美校が同じ学校として共存していることはある意味奇跡的で、すばらしい。違いが大きいからこそお互...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月13日

音楽関係の学部なる「音校」と美術関係の学部なる「美校」であまりに文化が違い過ぎることに驚いた。
口笛のチャンピオンがいたり、楽器で四コマ漫画をしようとしたり、その発想の自由さが素晴らしいと思う。
9月にあるといわれる”藝祭”に行ってみたい!
きっと衝撃を受けるだろう!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月03日

どんなに面白い発想を持ってしても
真に天才だと言える人は
十年に一人程度
その他はその礎となる。
でもそれを悲しいことだとは思えない
ただひたすらに 作りたいものを作る
芸術の一部になるって
そういうことなんですね。
選ばれし者の
ハッチャケがとても楽しい本でした
音楽や芸術に疎くても
とても楽しめ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月25日

 藝大生の奥さんがいる,作家の二宮敦人さんの本。

 奥さんは,東京藝大美術学部がの学生。その行動が実に面白い。筆者の予想の斜め上をいっています。
 ノミを木槌で振り下ろし木彫りの陸亀を作る。
 全身に和紙を糊で貼り,自分の全身像を取る。
 父親に板をもらって,喜んでテーブルを作る。

 それから,...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月21日

エンタメ寄りのノンフィクションだが、やはり在学生の語りが非常に面白い。

「何年かに一人、天才が出れば良い。他の人はその天才の礎。ここはそういう大学なんです」とある芸大生は語る。卒業後の進路は半分ぐらい「行方不明」。むしろ就職した方が落伍者とも。
「『芸術は教えられるものじゃない』と入学後すぐ言われ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play