最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、やはり只者ではなかった。口笛で合格した世界チャンプがいるかと思えば、ブラジャーを仮面に、ハートのニップレス姿で究極の美を追究する者あり。お隣の上野動物園からペンギンを釣り上げたという伝説の猛者は実在するのか? 「芸術家の卵」たちの楽園に潜入した前人未到の探検記。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年03月18日

今ひとつ。一般人からすると珍しいエピソード満載だが、一つ一つの掘り下げは甘いような。藝大生が作品をアウトプットするまでの思考回路や気づきを得る過程、プロとして生きていくに際した商業性と芸術性の葛藤あたりまでの踏み込みがほしかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月09日

話題の本。
一般的な大学生活とは懸け離れた東京藝大の学生たちの日常に迫るノンフィクション。
タイトルはキャッチーだが、取材者である著者の真摯さに支えられた好著である。

東京藝大は芸術系の大学の最高峰といってよいだろう。
数多くのアーティストを輩出してきた殿堂。
しかしその内情は、外部の者には窺い知...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月08日

文系すら縮小していこうか、という日本の大学教育において燦然と輝く藝大。ここを目指す学生たちがずっと居続けてくれることを願います。芸術に価値を見出さない国なんて、ほんとにつまりません。音楽は自分がやってたからイメージできますが、美術はほんとにすごい。奥深いです。藝大、のぞいてみたいな。素顔がみえて、と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月07日

初読みの作家さん。元々は小説を書いているらしく、ノンフィクションでも文章の書き方が上手いので、すらすら読める。藝大の学生の日常をインタビューした内容。まず最初に出てくる作者の妻からして個性的。美校と音校の学生が交互に出てくるが、自分が音楽をやっていたせいか、音校の話の方が飛びぬけて、面白く感じた。浪...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月05日

芸術の世界で一目置かれる存在にあることは、即ち普通ではないということなのかもしれない。エッジの効いた才能がほとばしる素敵な世界が東京藝大にはあるのだろう。
手にしたときはもっと笑えるような本であることを想像していたが、とてもまじめなルポルタージュであった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play