リワールド・フロンティア

リワールド・フロンティア

作者名 :
通常価格 1,309円 (1,190円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「あ、あの、パーティーに入れてもらえないでしょうか?」
終末戦争から千年後の世界。浮遊島から月まで屹立する塔の遺跡「ルナティック・バベル」。
そこを調査する探検者【エクスプローラー】の剣士・ラトはいつも一人ぼっちだった。弱気な性格と見かけだけの大剣、効率の悪い支援術式のせいで、どこのパーティーにも入れない。
だがある日、偶然出会った不思議な少女の一言が少年の運命を切り開く――「おぬしは、妾の“トモダチ”となるのじゃ!」。
世界の最前線を攻略せよ! 【リワールド・フロンティア】
覚醒直前の超絶エンハンサーと、現人神の少女が放つ、胸熱のダンジョン・ファンタジー!
書き下ろし新エピソードも収録!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
TOブックス
掲載誌・レーベル
TOブックスラノベ
シリーズ
リワールド・フロンティアシリーズ
電子版発売日
2016年12月10日
サイズ(目安)
14MB

リワールド・フロンティア のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    戦闘の描写がいまいちだったかな

    ニック 2017年02月14日

    キャラはすごく好きだ!主人公もヒロインの子も私好みだったから読み返してしまった。でも、戦闘の描写が微妙だったな。2巻とか出ても同じような展開になりそうで怖い・・・ 戦闘よりもキャラ描写に力を入れれば化けるかもしれん・・・

    このレビューは参考になりましたか?

リワールド・フロンティア のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • リワールド・フロンティア
    「あ、あの、パーティーに入れてもらえないでしょうか?」 終末戦争から千年後の世界。浮遊島から月まで屹立する塔の遺跡「ルナティック・バベル」。 そこを調査する探検者【エクスプローラー】の剣士・ラトはいつも一人ぼっちだった。弱気な性格と見かけだけの大剣、効率の悪い支援術式のせいで、どこのパーティーにも入れない。 だがある日、偶然出会った不思議な少女の一言が少年の運命を切り開く――「おぬしは、妾の“トモダチ”となるのじゃ!」。 世界の最前線を攻略せよ! 【リワールド・フロンティア】 覚醒直前の超絶エンハンサーと、現人神の少女が放つ、胸熱のダンジョン・ファンタジー! 書き下ろし新エピソードも収録!
  • リワールド・フロンティア2-最弱にして最強の支援術式使い-
    君を絶対に見捨てない! 熱狂度No.1! 王道ダンジョン・ファンタジー最新刊! 2万3千字超の新エピソード「激闘の観覧者」を特別収録! 【あらすじ】 浮遊都市から延びる月の塔――今日も戦うラト&ハヌの前には厄介事ばかり。仲間になれたはずの「蒼き紅炎の騎士団」から除名宣告された上に、新メンバー募集の面接ではグラマラスな美少女(18歳)が「ラト様、私を、買って下さい」などと言い出す。おまけに、テロが勃発して街が崩壊!? それでも永遠のぼっち・ラトは誓う。 「何があろうと、絶対に仲間を見捨てない!」 風呂敷広げて胸も高鳴るSFダンジョン・ファンタジー第2章! 今、発動するメンバー補完計画!?
  • リワールド・フロンティア3-最弱にして最強の支援術式使い-
    忘れないで。 僕は、君の味方だから──。 鉄の巨人、召喚! 大興奮のダンジョン・ファンタジー第三弾! 仲間たちと共に──ひとりぼっちじゃない最終決戦へ! 「書き下ろし短編」も収録! 【あらすじ】 「これは──戦争よ」 浮遊都市に緊急避難警報が鳴り響く。 テロリスト集団『ヴォルクリング・サーカス』が二十万以上のSBを率いて浮遊都市を襲来したのだ! ようやく本音を語ったハンドラー・ロゼと打ち解けたラトたち『BVJ』に、一転して緊迫感が漂う。 父親の仇を討つため走り出すロゼ。巨万のSBを迎え撃つハヌ。都市を守るため、奔走するヴィリーとカレル。臆病な自分と決別するラト。そして、歪な笑みを浮かべる怨敵シグロス。 物語史上、最大の危機に機械仕掛けの巨人たちも大暴れ! 仲間たちと共に──ひとりぼっちじゃない最終決戦が今始まる! 著者について ●著:国広仙戯(クニヒロ・センギ) 最近、弟夫婦の甥っ子、従姉妹夫婦の子供達、そして友人夫婦の子供達と縁があり、誕生日やクリスマスといったイベント時にはプレゼントを渡しております。 そして気がつけば、プレゼントを贈る対象となる子供の数は増え続け、今となっては二桁へ届く人数へと。 プレゼント代もわりと洒落にならなくなってきました。が、私はいわゆる一つの「足長おじさん」。子供は世界から愛されることを知るために、プレゼントをもらわないといけないのです。 というわけで、今年も子供達に夢を与えるため、国広仙戯はみんなにプレゼントを贈り続けるのでした。 ……仕事頑張ります。おー。

リワールド・フロンティア の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

TOブックスラノベ の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング