カムパネルラ

カムパネルラ

作者名 :
通常価格 1,699円 (税込)
紙の本 [参考] 1,944円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

十六歳のぼくを置いて、母は逝った。研究者だった母は、現政権の思想教育の要となっている宮沢賢治作品――とりわけ『銀河鉄道の夜』を熱心に研究し、政府が否定する「第四次改稿版」の存在を主張していた。遺言に従い、遺灰を携え花巻へ行ったぼくは、ふと気がつくと土砂降りの中、賢治が亡くなった昭和八年九月二十一日の二日前に転移していた。いまなら彼の死を阻止できるかも知れない――その一念で辿り着いた賢治の家でぼくを迎えたのは、早逝したはずの宮沢トシと、彼女の娘「さそり」だった……。永遠に改稿され続ける小説、花巻を闊歩する賢治作品の登場人物――時間と物語の枠を超えた傑作長編SF!

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元日本SF叢書
ページ数
294ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月05日

タイトルから推測できるように、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」に登場する人物(+風野又三郎)が活躍するSF小説。ある青年がタイムスリップした先は賢治が亡くなる前日の花巻で、しかも青年は「ジョバンニ」と呼ばれ、おまけにカムパネルラ殺しの嫌疑をかけられていた!

「銀河鉄道の夜」そのものがSF的な面を持っている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月07日

読後感がなんとも言えず独特だった。
私は基本的に気持ちの良い、すっきりとしたエンディング‪(ジャンルにもよるけれど)‬が好きなので、結末は物悲しさが勝る。

あまりSFというジャンルを読んだことがない私でも、ストーリーが主人公の語口調で進んでいくのでスラスラと読めた。
またテーマが宮沢賢治の「銀河鉄...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月27日

 かの有名な銀河鉄道の夜、そしてその作者の宮沢賢治を題材にしたSF。
 要所要所で銀河鉄道の夜が出てきて面白い。
 ああ、確かにこんな使われ方をしているよね、という感じ。エピローグがすこしひやりとする。
 ただ、前提知識がない場合楽しめるのかというと疑問。いや、タイトルの時点で読者選んでるから問題な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月23日

「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたSFだと。読まいでか!
キュンキュンしながら読みました。仕舞にゃゾクゾク。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月26日

『ぼくはこの世界を改稿することが可能なのだ。』
「銀河鉄道の夜」を、宮沢賢治の生涯を、知っていれば知っているほど楽しめる、賢治の世界の追体験。
選択肢とマルチエンドを加えてゲーム化したら美しいだろうなぁ。7.5

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play