NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法

NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本テレビ系「世界一受けたい授業」に著者出演! 大反響! (2017/2/25)
NHK「スーパープレゼンテーション」に著者出演! 大反響! (2016/12/8)

自信がない人でも、自己肯定感は
訓練次第でうまくいく!

TEDで414万回視聴!(2016年12月現在)
世界を癒した話題書が待望の翻訳!!

ベストセラー『女子の人間関係』の著者
精神科医の水島広子氏が絶賛!
「誰もが知っておいて損をしない1冊!
エビデンスに裏打ちされているうえ実用的で、
いつも手元においておきたい『心の救急箱』のような本です」

風邪を引いたとき、何をしますか?
10歳の子どもにそう尋ねたら、「暖かくしてよく眠る」という答えがすぐに返ってくることでしょう。
じゃあ、転んで膝をすりむいたら? 「きれいに洗って、絆創膏を貼る」
子どもでもすぐに答えられますね。
体をケアする方法を、幼いうちから学んでいるからです。

では、こんな質問をしたらどうでしょう。
「誰かに無視されて心がグサッと傷ついたとき、どうする?」
「大きな失敗をして落ち込んだら?」
「大事な人がいなくなってつらいとき、どうすればいい?」
今度は大人でも、うまく答えられないのではないでしょうか。

私たちは体の不調をうまく手当てできるのに、なぜ心の不調になるとお手上げなのでしょう?
その答えは、心の手当ての方法を学んでこなかったからです。

この本では、私たちが日々直面する7つの心の傷を取り上げて、その症状と手当ての方法を紹介します。

しかも、この本で紹介する治療法はすべて、最新の心理学の研究成果にもとづくものです。
正式な査読を経て有名な学術誌に掲載された、信頼できる理論を根拠にしています。

大切なのは、正しいやり方を学び、それを日々実践することです。
本書の著者は、「心の健康に配慮することが当たり前になり、誰もが効果的な手当ての方法を知っているような、そんな世の中になることを私は願っています」と述べています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
かんき出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年10月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月04日

    過去に囚われていて、前を向けない人。
    自分のことが嫌いな人。
    自分に価値が無いと思っている人。
    ネガティブと人に指摘される人。
    こういう人におすすめだと思います。

    読み終わったものの、効果が出るかは長い目で見るため、効くかは断言できない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月13日

    傷ついた心を自分で手当てする具体的な方法などが本当にわかりやすくわかりている。生活レベルで役に立つ心理学というのはここまで進化したのか◎とひどく感心した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月03日

    拒絶、孤独、喪失、罪悪感、とらわれ、挫折、自信喪失といった心の痛みにはどのような症状が表れ、自分でケアするためにどのような手当をすればよいのか具体的に示されている。
    ざっと読みながら、今の自分自身にはとりあえず症状もなく、手当の必要がないことを感じた。
    内容は具体的なので、ケアが必要なときには役に立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    本の中で、一番自分に響いた箇所を紹介します。

    ―意志力は生まれつきの資質のように言われることも多いのですが、そんなことはありません。体の筋肉と同じように、日々の使い方によって強くも弱くもなります。―意志力を最大限に活用するためには、意志力を少しずつ鍛えるのと同時に、よけいな誘惑や判断で意志力を無駄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    拒絶・孤独・喪失・罪悪感・とらわれ/抑うつ的反芻・失敗/挫折・自己肯定感の低下などに対する手当。

    総じて、悪いところには目を向けず、そのために運動するなり、書き出してみて客観視したり、良いところに目を向けたりすることを繰り返すということが良いということ。

    また、「嫌なことを口にして誰かに話す」こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    予防的に読むもよし、困ってから読んでもいいと思う。もちろん、本なので限界はある。限界が有ることをわかった上で、著者は様々な提案をしてくれるという点で誠実だとお思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月27日

    自分の中で暗黙知的にやっていることがいくつか出てきて、言語化されると「なるほど」と思う。
    わたし的には、自省を促してくれる文章で、結構良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    自分で心を手当するというのは客観視出来るが、あまり症状がよくない場合は、まとめの記載に専門医に相談というパターンが多い。自分の限界を知った上で参考になる対策はできそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    もうすでに病んでしまっているから、すごい効果はないんだろうけど、自己否定を言い負かすこと、視点を変えること、自分にやさしい言葉をかけることは少しずつ取り組んでいきたい。

    一読だけでは本当の効果はわからない。少しずつできる範囲でやってみたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    心の傷の救急箱がコンセプトの本。
    孤独、自己肯定感の低下、失敗などさまざまな心の傷への対処法が書かれています。

    個人的には、計画上手になるエクソサイズが参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング