蜜蜂と遠雷

小説1位

蜜蜂と遠雷

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,944円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年09月21日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

さとえさま 2017年04月19日

読み応えがありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月16日

音楽の表現が本当に素晴らしい。
キャラクターは多彩で、現実的。

高島明石が受賞して良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月15日

序盤から終盤手前まで涙腺が緩むシーンが多く、作者の世界観に引き込まれる。奏者の思考は恐らく作者の曾祖だろうけどある程度の説得力があり共鳴できる。明石が途中で落選したのは悲しかったが最後に特別賞受賞。2次で落ちて2部門受賞じゃあ3次に進んだ人からは疑問視されそう。終盤は誇張した表現に少し飽き気味と感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月13日

ピアノコンクールを舞台にした音楽の天才たちの物語。ただ誰よりも天才と言えるのは作者の恩田陸に間違いない。小説は文字だけで表現するものだ。ピアノの演奏のシーンでは、コンサートホールの空気をリアルに演出できるわけでもなければ、もちろん本から音が鳴るわけでもない。まして読者の私にはクラシックの知識すらなく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月13日

音楽を「読む」という初めての経験が楽しかった。
自分も観客として芳ヶ江国際ピアノコンクールの全日程を聞き通したような達成感。

映像化が期待されているようだけど、映画にしてしまったら、「音楽を言葉で読む」という体験はできないので、どうなんだろう??

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play