蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

S 2017年05月21日

購入してから放置していたのを後悔しました。
文字が奏でる音楽という今まで経験したことのない感覚。
誰もが恩田先生にスタンディングオベーションを贈りたく
なるような先品です。

いずれ映像化される事があるかもしれませんが、このコンクール
の壮大なスケールは是非文字で体感して欲しいと思います...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月01日

本屋の平積みは気になっていたけど、その厚さに圧倒されて少しためらっていましたが、読み始めたら一気に。確かに、確かに本を読んでいるだけなのに、音楽が、音が聴こえてくるような錯覚を覚えました。特に最終の本選前の天才、風間塵のオーケストラとの音合わせ。あまりの凄さに、読んでいて鳥肌が立ってしまいました。さ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月29日

「世界はこんなにも音楽に満ちている」

文字で音楽を表現することなんて可能なのか?そんな疑問を吹き飛ばす作品。
ひとつひとつの文字が音色を奏でるように流れていって、爽快感と心地よさを堪能し、気づいたら読み終わっている。そんな感覚。
あと、登場人物たちのパッションが強すぎて、読んでいて汗が出るくらい感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月26日

文章の書き方はよく建築に例えられる。いきなり玄関からつくりはじめてもうまくいかない。まずは設計図を書き、大きな骨組みを建ててから、徐々に細部を整えていく。それが正しいやり方だと教わるし、私も基本的にはそうやって書いていくんだけど、それだけではうまくいかないこともある。「この家具を入れるためにはこの部...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月25日

クラシックはのだめカンタービレでかじった程度で、正直疎い自分にも読ませちゃうんだからそれだけでもう十分素晴らしい!

第三次予選前に浜辺で語る場面や和楽器店の前で他愛ない話をするあたりが束の間の休日っぽくて好きでねぇ。 奏が撮った塵、亜夜、マサルの奇跡の3ショットはぜひ見てみたい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play