蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

S 2017年05月21日

購入してから放置していたのを後悔しました。
文字が奏でる音楽という今まで経験したことのない感覚。
誰もが恩田先生にスタンディングオベーションを贈りたく
なるような先品です。

いずれ映像化される事があるかもしれませんが、このコンクール
の壮大なスケールは是非文字で体感して欲しいと思います...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

とても良かった。素晴らしい読書体験ができた。途中、少し飽きそうになったけど、結末は思った通りだったけど、それでも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月08日

ピアノコンクールを舞台とした若き天才達の物語。
巨匠ホフマンの忘れ形見とも言える「ギフト」として送り込まれた純真無垢で自由な風間塵を中心に、様々なコンテスタント達がお互いに影響し合い予選を通過する度に進化していく姿は圧巻でした。
個人的にのだめが好きなので、クラシックは詳しくはありませんが曲名なども...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月08日

漫画ピアノの森か好きなので、きっと好きだろうと思ったら予想通り。ハラハラドキドキする展開ではなく、淡々と進む割に目が離せない。結末も何となくわかるのだけど、音の表現が美しくてひきこまれる。
そんな中、ふと感動した瞬間は、明石が受賞したシーン。
報われた感と、今まで平坦だったところに、急に波が押し寄せ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月04日

直木賞受賞おめでとう御座います。
受賞総なめの感がございますよね。
表現描写が非常に上手というかスゴイですよね。
超常能力とか本来目に見えない動作とか映像であるなら
3Dの力を借りなければ無理です。
それを文章で「独特の」読ませ方をさせる才能がすばらい
と思います。
音楽との付き合いも深い作家さんな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています