サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

国家、貨幣、企業……虚構が他人との協力を可能にし、文明をもたらした!ではその文明は、人類を幸福にしたのだろうか?現代世界を鋭くえぐる、40カ国で刊行の世界的ベストセラー!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
河出書房新社
シリーズ
サピエンス全史シリーズ
電子版発売日
2016年09月16日
紙の本の発売
2016年09月
サイズ(目安)
24MB

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年12月30日

    認知的不協和という思考の矛盾がサピエンスの文明を築き存続させたらしい。

    自由と平和の矛盾かつ両立不可能な課題は議論できるが故に結果はどうあれ存在し続ける。

    目前のマストな課題はサピエンスが示教してくれるようだが、それに終点が訪れることはないだろう。

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月26日

    ずっと読みたくてようやく上巻を読み終えました。
    自分の関心が強いところは深く読めたかなと思いますが、そうでない部分はちょっと苦戦しましたね。自分の知識や読解力、集中力がよくわかりました。
    ジェンダー、歴史の意義、神話の力、このあたりは興味深く読めました。

    0

    Posted by ブクログ 2022年11月19日

    この本は、私に幅広い視点を与えてくれた!

    今直面している問題や、将来の不安、人間関係のもつれなどがちっぽけに見えてくる。

    なぜかというと、自分と関係のある人は、一種の動物であり、一人のホモサピエンスであると認識できたからだ!

    これが歴史を学ぶ一つの大切な理由なのかもしれない。

    この本のジャン...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年11月01日

    本はだいぶ前に買ってもなかなか読もうという気にならず、メディアで概要は聞いている。しかし読み始めたら一気だった。素直に面白かった。

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月30日

    特に農業革命と「種の繁栄・個の幸福」に関する考察が秀逸。あらゆる生物種を支配する「種の繁栄」のロジックに個が抗う術はあるのか、抗うべきなのか。

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月16日

    サピエンスの誕生、民族や文化、技術、文明の発生とそれらがたどる歴史的な流れについて、著者の主張と織り混ぜられながら書かれている。初めはなかなかページが進まず半年ほど積んでしまっていたが、50ページ以降はかなり楽しみながらすいすい読めた。

    とくに、宗教や仕事、貨幣など、物理的なものではない、想像上の...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月12日

    ユヴァル・ノア・ハラリによる人類の歴史に関する野心的な再解釈の本。
    上下巻の上巻。

    とても面白かった。
    種としての黎明期の人類に関する考察がとても印象に残った。
    集団で生きるということと、現代の個人主義との関係について色々考えさせられた。

    0

    Posted by ブクログ 2022年09月03日

     認知革命という言葉が、自分の中で長らくモヤモヤしていた事象に概念を与えてくれた。
     更に深掘りするとソシュールのシーニュの概念に行き着くのだろうか?
     やはり人間にとっての最大の発明は「言葉」だろう。
     発明という表現は妥当じゃないかもしれない。何故なら「言葉」の誕生が人間のみによって行われたとは...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年08月30日

    【固定概念がくつがえされる】

    今を生きる私たちはテクノロジーを駆使しているので、狩りや採集をしながら移動して生きていた時代の人たちよりずっと幸せだ。と、はっきりと意識しているわけではないけれど、なんどなく今の時代に生きていてよかったなと思うことがあります。
    でも、この本によると、そうとも言い切れな...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年08月12日

    アフリカ南部で最初に人類が誕生してから現在、そして予想される未来まで、ホモ・サピエンスの歴史を綴った大作。
     上巻では、狩猟採集民族として他の生物種と同じようにひっそり暮らしていたホモ・サピエンスが、実在しない神や宗教といった虚構を信じるようになった「認知革命」、獲物を求めて移動しながら生活する生き...続きを読む

    0

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 に関連する特集・キャンペーン