魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿

魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

辺境の小さな村にひとりで暮らす樹木医のレナーテ。村人たちは彼女を慕ってくれるが、自分の容姿が“魔女の特徴”とされる桜色の髪と黄金色の瞳であることを悲しく思っていた。そんなある日、レナーテを捨てた貴族の父に王都へ呼び出され、政略結婚に利用されそうになる――が、突然現れた第二王子に救われる。その場で求婚されるのだが、彼はなぜレナーテを知っているのか。2人の接点とは…!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2017年08月16日

    貴族の庶子である主人公は、魔女の特徴を持った少女。
    突如政略結婚のために子爵のもとに連れてこられ
    あわやという所で、助けられた。

    これは世の中で言うヤンデレでは? というヒーロー。
    完璧に、軸が主人公ですが、その主人公も
    ネガティブ思考なので、割と受け入れてます。
    いや、そもそも政略結婚予定だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月30日

    コバルトには珍しくエロい感じでした(笑)微エロという感じですがww天然で植物学者のヒロインと静かに病んでて愛が重すぎる王子との新婚イチャラブ話。妖精たちも個性的でキャラクターは魅力的でした。双子の兄王太子や王との確執はあまり描かれてなかったのでそのあたりは若干消化不良。イラストは綺麗だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    コバルトにしては、そして長尾先生にしては、やや大人向けなシーンが入っていた為、繊細なイラストと相まって、一瞬別の著者の先生かと思いました。
    毛長種の猫妖精も別の先生の印象が強いから。
    とはいえ、主人公を甘やかす旦那が病んでる。がっつり病んでる。
    主人公が天然で、男性の方が些かクセ(もしくは、アク)が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿
    辺境の小さな村にひとりで暮らす樹木医のレナーテ。村人たちは彼女を慕ってくれるが、自分の容姿が“魔女の特徴”とされる桜色の髪と黄金色の瞳であることを悲しく思っていた。そんなある日、レナーテを捨てた貴族の父に王都へ呼び出され、政略結婚に利用されそうになる――が、突然現れた第二王子に救われる。その場で求婚されるのだが、彼はなぜレナーテを知っているのか。2人の接点とは…!?
  • 王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録
    忌み子の王女ユリアーナは頭が悪いふりをしつつ、医薬の研究や飢饉に備えての南瓜作りに取り組んでいた。そんなある日、魔性の力を持つとされる忌み子を警戒する父王より、異例の若さで異端審問官となった少年クラウスが婚約者という名の監視役として遣わされてくる。「貴女のお傍を片時も離れるわけには参りません」と宣言した彼は、本当に一瞬たりともユリアーナの傍を離れず…?
  • 聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖
    改邪聖省の紅一点・祓魔師アデリナの特技は料理。葡萄酒を飲ませたり、魔除けの薬草や聖水を使った料理を食べさせることで身の内から魔を祓うのだ。そんなアデリナは国王の命を受け、落命したが息を吹き返した<異例の忌み子>と呼ばれる王子エルヴィンを祓魔すべく、城の料理番として潜入する。しかし、エルヴィンに目的を見抜かれた挙句、意地悪されたり騙されたりする毎日で…?
  • 花嫁が囚われる童話 桜桃の花嫁の契約書
    生まれつき病弱な王女リースヒェンは魔女と同じ髪色と目の色のため、父王から疎まれていた。そして、異母弟が原因不明の病に倒れると『忌み子』に認定され、王大使を呪った咎で処刑が決まる。だが、処刑まで幽閉されたリースヒェンを、主治医かつ婚約者のエレンフリートが迎えに来る。いつも優しかった彼は「貴女の『粛清権』を買った」と冷たく微笑み、彼女を辺境の城へ連れ去るが…?
  • 侍女が嘘をつく童話 野苺の侍女の観察録
    優秀な聖騎士を輩出する家に生まれたミカエラ。侍女として王宮に出仕していたが、剣術の腕を見こまれ、アドリアン王子の身辺警護を任されることに。カレンデュラの森を治めるアドリアンは、≪闇の星痕≫が肌に浮かんだという「不吉の皇子」。傲慢で冷徹な性格のうえ、不気味な仮面をつけているらしい。とある事情から、ミカエラは男装で王子の警護をすることになるが…。
  • 賢女が欺かれる童話 柘榴の賢女の処方箋
    小さな村で、調薬師として働くティアナ。捨て子だったため、素性も、胸にある痣の理由もわからない。育ての母と仲睦まじく暮らしていたが、ある日、母が重い病に倒れる。途方にくれるティアナだが、妖精たちの助言をもとに、森に住むマリアン王子に助けを求めることに。風変りな様子の王子(しかし絶世の美少年)は、助ける条件として、初対面のティアナに「結婚」を迫ってきて…? なぜ!? 【目次】賢女が...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています