女人源氏物語 第三巻 玉鬘~女三の宮

女人源氏物語 第三巻 玉鬘~女三の宮

作者名 :
通常価格 473円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

冷泉帝の実の父として公には並ぶ者なき権力の座につき、四季になぞらえた館をもつ広大な六条院には紫上、花散里、明石上、秋好中宮と愛する女人たちを配して、今や源氏の栄華は無上のものとなった。かつて愛した夕顔の忘れ形見、玉鬘の帰還。葵上との間に生れた夕霧と雲居雁の幼い恋の成就。そんな折、源氏に朱雀院の皇女三の宮が降嫁されることになり六条院の平隠な暮しに波紋が投げかけられる。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年11月04日
コンテンツ形式
EPUB

「女人源氏物語 第三巻 玉鬘~女...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年03月02日

内容紹介:冷泉帝の実の父として公には並ぶ者なき権力の座につき、四季になぞらえた館をもつ広大な六条院には紫上、花散里、明石上、秋好中宮と愛する女人たちを配して、今や源氏の栄華は無上のものとなった。かつて愛した夕顔の忘れ形見、玉鬘の帰還。葵上との間に生れた夕霧と雲居雁の幼い恋の成就。そんな折、源氏に朱雀...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年12月17日

玉鬘(たまかずら)

藤袴
常夏⇒玉鬘の異母姉妹・故郷へ帰る
初音⇒明石。姫は紫の上の元へ。元旦。娘からの頼り。唐様の着物。
梅枝
藤裏葉
双華
若菜
女三宮

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!