九十八歳。戦いやまず日は暮れず

九十八歳。戦いやまず日は暮れず

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『九十歳。何がめでたい』の待望の続刊!

 2016年に発売した『九十歳。何がめでたい』は2017年の年間ベストセラー総合ランキング第1位になり、現在までに130万部を超えるベストセラーになりました。
 本作は、あれから5年、時は平成から令和にうつり、今秋98歳になる佐藤愛子さんが断筆宣言をした「さようなら、みなさん」を収録する「最後のエッセイ集」となります。

 タイトルは、1969年に発売され直木賞受賞作となった佐藤さんの小説『戦いすんで日が暮れて』の本歌取り。夫が作った莫大な借金をひとり背負い込んで奮闘する妻(=佐藤さん)の姿を活写し、愛子センセイが世に出るきっかけになった代表作のひとつです。
 それから52年、自身の最後となる本エッセイ集のタイトルに『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』と付けたのは、借金は返済したけれど、人生の戦いはやまず、今も日も暮れていない――。愛子センセイが97年を生きて来た人生の実感です。愛子センセイがヘトヘトになりながら綴った、抱腹絶倒のエッセイ全21編をぜひご堪能ください。

(底本 2021年8月発行作品)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
小学館
ページ数
200ページ
電子版発売日
2021年08月06日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
1MB

九十八歳。戦いやまず日は暮れず のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    逞しく爽やな読後感( ^ω^)

    yuki 2021年11月17日

     老いるー心身劣化を自ら痛感する私は、日々の生活状況の変化の場面に、ただただ頷くばかりで、一人暮らしでなく娘さんとの同居らしいので、ほっと安堵した。
     思えば‘戦いすんで日が暮れて’以来、折に触れ、いろいろな作品を購入してきた。どんな苦境でも果敢にも生き抜いている様子に、いつも感服していた。颯爽と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    羨ましい

    ケイサン 2021年09月16日

    全文を読み終わって佐藤さんの頭の回転が速くて驚いた。羨ましかった。難しい字句は一切使わず、平易な作文で、ためらわずに読み切ることができた。  

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月18日

    本当に書くのをやめてしまったのだなと思うと、なんだか寂しい。
    瀬戸内寂聴さんが亡くなって、お気を落としなんじゃないかと思いを馳せる。
    ひと時の、怒り満載な感じはなくなっているけれど、
    少しでも長生きしていただきたい。
    本の感想じゃないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    何がめでたい程の勢いと面白さはなかったがちょいちょい笑えるエッセイ。
    最後の年表だけでも波乱万丈の人生。
    そして97歳まで書き続けてこられたとてつもない作家さん。
    最後の作品ということで少し寂しいが、お疲れ様でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    「これでおしまい 我が老後」を67歳の時に書いてから、
    「なんでこうなるの」
    「だからこうなるの」
    77歳「そして、こうなった」で、終わりにするつもりだったが、

    「それからどうなる」
    82歳「まだ生きている」と、続く。

    ここで随分と長い老後だと感じ、もうやめるはずが85歳でまた書き出し、

    「九...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    爆笑の中の寂寥

    ナナダイ 2021年11月08日

    年齢を感じさせないエッセイに只々、感心しながら笑いあり、寂寥感ありで一気に最後まで読みました。コロナ禍でマスク生活が長い中、飛行機内ということもあり、読みながら笑いを堪えるのに、初めてマスクをしていて良かったと思いました。今はほぼ戦争を体験していない世代の人が多い中、戦時下の苦労さえも笑いを誘うのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月24日

    私が初めて佐藤愛子さんの本を読んだのは中一、「娘と私の時間」というエッセイでした。とにかく面白くて、すぐに「娘と私のアホ旅行」を買いました。
    それから40年近い月日が流れ、久しぶりに先生の本を読んで、まず感じたのは「愛子節健在!」
    まどろっこしい事が大嫌い、一刀両断に切り捨てる物言いがスッキリ爽快で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

九十歳。何がめでたい のシリーズ作品 1巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~1件目 / 1件
  • 九十八歳。戦いやまず日は暮れず
    『九十歳。何がめでたい』の待望の続刊!  2016年に発売した『九十歳。何がめでたい』は2017年の年間ベストセラー総合ランキング第1位になり、現在までに130万部を超えるベストセラーになりました。  本作は、あれから5年、時は平成から令和にうつり、今秋98歳になる佐藤愛子さんが断筆宣言をした「さようなら、みなさん」を収録する「最後のエッセイ集」となります。  タイトルは、1969年に発売され直木賞受賞作となった佐藤さんの小説『戦いすんで日が暮れて』の本歌取り。夫が作った莫大な借金をひとり背負い込んで奮闘する妻(=佐藤さん)の姿を活写し、愛子センセイが世に出るきっかけになった代表作のひとつです。  それから52年、自身の最後となる本エッセイ集のタイトルに『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』と付けたのは、借金は返済したけれど、人生の戦いはやまず、今も日も暮れていない――。愛子センセイが97年を生きて来た人生の実感です。愛子センセイがヘトヘトになりながら綴った、抱腹絶倒のエッセイ全21編をぜひご堪能ください。 (底本 2021年8月発行作品)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

九十歳。何がめでたい に関連する特集・キャンペーン