マンガ 経営戦略全史 確立篇

マンガ 経営戦略全史 確立篇

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ビジネス書大賞2014大賞 ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013第1位に選ばれたベストセラー『経営戦略全史』(ディスカヴァー刊)が遂にマンガ化!

本書は、原作である『経営戦略全史』にほぼ沿いながら、本文はマンガで示し、各節の最後には文章の解説つき!
この本の使い方としては、
・教科書…経営戦略論の流れや史実、関連項目が一覧できる
・百科事典…関心ある項目について関連情報がわかる
・物語…どうやって経営戦略論が生まれ、進化してきたかを楽しむ
があります。すでにこういったことを学んだことのある人でも、必ず新たな視点や知見が得られます。経営戦略論をめぐる約50人の冒険活劇の始まりです。最高の知の旅を楽しんでください。まずは、1995年までの前半戦を。

内容例
◎「科学的管理法」を生んだフレデリック・テイラー
◎「人間関係論」の始祖 エルトン・メイヨー
◎「マネジメント」の伝道師 ピーター・ドラッカー
◎「マーケティング」の伝道師 フィリップ・コトラー
◎「ポジショニング派」のチャンピオン マイケル・ポーター
巻頭には登場人物の年表と巻末には主な登場人物一覧を収録。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
246ページ
電子版発売日
2016年07月27日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
154MB

マンガ 経営戦略全史 確立篇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    ◎20世紀の経営戦略は、ポジショニング派とケイパビリティ派の争いであった。
    ポジショニング:儲かる市場で儲かる位置どりをする(外部的)
    ケイパビリティ:企業内の能力を活かす(内部的)

    ・メイラー
    科学的管理法を産んだ。
    ▶︎数値による分析で、対象とする鉱物によりスコップのサイズを変える。

    ・フォ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    個々の戦略論の解説は非常にあっさりしている反面、戦略論登場の時代背景や前後の関係性に重きを置いており、戦略論登場のなぜ?に対する理解が深まります。
    企業の成功要因を大きくポジショニングによって説明するか、ケイパビリティによって説明するかで時代背景に応じて優位性が変わっていったということだと思います。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月31日

    時代背景がわかると、なぜそのように考えたか理解しやすい。またその限界が分かる。整理しやすい。漫画なのでスイスイ読めるのもよい。テーマごとにまとめの文章もついているが漫画で十分。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    ビジネスキャリア検定のために購入。
    内容は細かくはないですが、経営戦略の全体の流れをつかむのに最適です。1,2日で読みきれるものうれしい。
    後編も読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月24日

    なんとなく書店で手にとったのだけど
    いい買い物しました。ITパスポートの試験前に
    読んだらもっと勉強はかどったかもなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月29日

    ビジネス書大賞2014大賞、ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013第1位に選ばれた『経営戦略全史』(ディスカヴァー刊)。その内容のうち、科学的管理法の父テイラーからケイパビリティ派番長バーニーまでをマンガにして紹介する。


    第1章 近代マネジメントの3つの源流
    第2章 近代マ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月05日

    実際の企業の戦略ではなく、戦略ためのツールやその発明者、
    つまり企業側ではなくコンサル側が主役だったので、
    ちょっと想像していたものと違っていたけど、
    内容自体は面白かった。

    ただ個々は詳しく説明されないので、
    雰囲気が分かる程度でしかないだろう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    経営学においては、
    ・時代背景
    ・対立派との比較
    を考えることが大切。

    生産性向上のために、①テイラー(科学的管理法。定量的な効率化)、②メイヨー(人間中心論。人間を、経済人ではなく社会人として取り扱う)、③フェイヨル(経営)

    テイラーとメイヨーはあくまで、決められた仕事の効率をどうやって上げる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています