石高はわずか五千石だが、家格は十万石。日本一小さな大名家が治める喜連川藩では、名家ゆえの騒動が次々に巻き起こる。家格と藩を守るため、藩の中間管理職にして唯心一刀流の達人・天野一角が奔走する!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年07月23日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 喜連川の風 江戸出府
    通常版 1巻 691円(税込)
    石高はわずか五千石だが、家格は十万石。日本一小さな大名家が治める喜連川藩では、名家ゆえの騒動が次々に巻き起こる。家格と藩を守るため、藩の中間管理職にして唯心一刀流の達人・天野一角が奔走する!
  • 喜連川の風 忠義の架橋
    通常版 2巻 691円(税込)
    天野一角に橋建造の無理難題。金も人も時間もない! 愚かな家老、許すまじ! 文芸評論家 末國善己氏、絶賛! 「知恵と誠実さで苦難を乗り越える展開が痛快で、勇気と希望がもらえる」 石高はわずか五...
  • 喜連川の風 参勤交代
    通常版 3巻 691円(税込)
    喜連川藩の小さな宿場に、二藩の参勤交代行列が同日に宿泊することに! 家老たちは大慌て。宿場や道の整備を任された喜連川藩の中間管理職・天野一角は奔走するが、新たな難題や強盗事件まで巻き起こり……。
  • 喜連川の風 切腹覚悟
    通常版 4巻 691円(税込)
    不作の村から年貢免除の陳情が。だが、ぞんざいな藩の対応に不満が噴出、一揆も辞さない覚悟だという。藩の中間管理職・天野一角は農民と藩の板挟みの末、中老から、解決できなければ切腹せよと命じられる。
  • 喜連川の風 明星ノ巻(一)
    通常版 5巻 691円(税込)
    石高5千石だが家格は十万石と、幕府から特別待遇を受ける喜連川藩。その江戸藩邸が火事に! 藩の中間管理職・天野一角は、若き息子・清助を連れて江戸に赴くが、藩邸普請の最中、清助が行方知れずに……。
  • 喜連川の風 明星ノ巻(二)
    続巻入荷
    通常版 6巻 734円(税込)
    喜連川藩で御前試合の開催が決定した。勝者は名家の剣術指南役に推挙されるという。喜連川藩士・天野一角の息子・清助も気合十分だ。だが、その御前試合に不正の影が。一角が密かに探索を進めると……。

喜連川の風 忠義の架橋

Posted by ブクログ 2017年11月04日

意地悪い上司によって期限を縮められた橋の普請。
不慣れな仕事に手探りで挑む一角。
重なるトラブルに苛まれながらも、前に進む。
悩みのタネは今も昔も同じ。
一角の一本気な心意気のみが真っ直ぐに貫かれる。
爽快感の増したシリーズ二作目。

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 江戸出府

Posted by ブクログ 2017年10月30日

何もかも異例づくしの小国、喜連川藩。
飢饉に喘ぎ、江戸に出向き大藩に借金を申し込む。
さて、借りられるか? がテーマ。
が、トラブル、事件、が次々起きて物語はどんどん膨らんでいく。
これがページをめくらせる。
池井戸潤の時代小説版の趣き。
読後の爽快感も合わせて、痛快な時代小説だ。

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 参勤交代

Posted by ブクログ 2017年11月17日

第三弾。
今回の一角は、お疲れ、イライラ気味。
愚痴ってみたり、煙管を喫うシーンが多かったりと。
シリーズが進んで人間味が出てきた。
大藩と小藩の参勤交代の投宿をダブルブッキング。
乗り越えるために一角が走る。

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 江戸出府

Posted by ブクログ 2017年02月18日

時代小説というフォーマットを借りた
中間管理職が主人公のサラリーマン小説。

上からは無理難題を押し付けられ、
下からは突き上げられ、という
中間管理職の悲哀が何とも言えない。

喜連川藩という舞台設定が特殊で
そこが通り一遍の時代小説とはまた一味違っていて
なかなか面白い。

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 明星ノ巻(一)

Posted by ブクログ 2018年09月21日

新シリーズ第1弾
息子と継母の関係を気にしながら、共に江戸へ
藩費の使い込みの追及と殺人犯に拐かされた息子を探して江戸で慣れない活躍、無事故郷に帰った後の親子関係は

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 切腹覚悟

Posted by ブクログ 2018年02月07日

第四弾
今回は農民の窮状と身売りされた娘に横恋慕した藩士
例によって嫌な上役の妨害?
結果はやり過ぎて自滅、無事で万歳!

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 忠義の架橋

Posted by ブクログ 2018年02月04日

第二弾
隣藩に依頼された橋の建造と川普請、上役から廻し廻され押し付けられた役目
同役にいたぶられる下士を助け、押込強盗を捕縛し、百姓にも感謝、藩主にも信頼され、テレビで見る「スッキリ!」
ハッピーな終わり

このレビューは参考になりましたか?

喜連川の風 江戸出府

Posted by ブクログ 2016年09月22日

シリーズ第一弾
かなり特殊な藩喜連川藩の中間管理職天野一角の活躍?
名君が故、問題もある主君に仕え、色々な事件を通して経験を!

このレビューは参考になりましたか?