※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、日経NETWORKに掲載した情報セキュリティ対策に関連する主要記事をピックアップした1冊です。大きく四つの部で構成しています。第1部ではまず、サイバー攻撃を受けたときの対策を習得します。被害を最小限に抑えるための初動対応や、攻撃を4段階に分けた多層防御などについて解説します。第2部ではセキュリティ技術の一つであるSSL/TLSや、セキュリティ脆弱性について、続く第3部でセキュリティに関する様々な実験を紹介します。第4部では、VPNやファイアウオール製品について学びます。

●目次
【第1部 サイバー攻撃対策を習得する】
[6]第1章 サイバー攻撃襲来 さあどうする?
[28]第2章 サイバー攻撃なんか怖くない

【第2部 セキュリティ技術を理解する】
[50]第1章 SSLはもう古いTLSがおもしろい
[70]第2章 脆弱性解体新書
[90]第3章 狙われるDNS

【第3部 セキュリティ実験を疑似体験する】
[108]第1章 10の疑問を試して解明 セキュリティ大実験室
[132]第2章 ネットワーク盗聴者の“しっぽ”を探し出せ!
[138]第3章 透過型プロキシでIoTのセキュリティを高めよ!
[144]第4章 無線LANに不正接続している端末をあぶり出せ!
[150]第5章 無線LANの不正端末の位置をWiresharkで特定せよ!
[156]第6章 M2Mイーサネットのセキュリティを高めよ!

【第4部 セキュリティ製品の本質を知る】
[164] 第1章やさしく丸ごとVPN
[186] 第2章 ファイアウオール徹底理解

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
212ページ
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

日経ITエンジニアスクール セキュリティ 最強の指南書

Posted by ブクログ 2016年11月10日

なめてました。読む前は完全になめてました。
日経BPだから万人受けする平易な本なのではないかと・・・。
読み進めるとそれがいい意味で裏切られました。
自分は一応IPAの応用情報までは頑張って取得したので、
結構簡単に読み進められる自信があったのですが、
ものすごく内容が濃く、読み進めるのが大変でした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?