コンビニ人間

コンビニ人間

作者名 :
通常価格 1,000円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年07月27日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年06月18日

スラスラと 瞬く間に 読み終えてしまった。普通とは何か、そうではない人は 世間から つま弾きにされてしまうのか…この世の中、行きやすいやら 行きにくいやら(^^;;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月18日

コンビニが、社会不適合者を人間に育てる保育器になることもある。しかし社会適合者は縄文時代の生活様式を未だに踏襲しているだけであり、実は時代について行けていないのは社会適合者の方ではないのか?というのが物語の背景にある問題提起だと思われた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月13日

タイトルのインパクトと芥川賞というキーワードから読んでみた一冊。
物語の流れを通して"少数派"、"社会の空気"、"常識・普通"など、現代の問題点を突き付けられるような内容。自分の中での"常識"なども含めて考えさせられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月08日

人や世間にどう思われるか気にしながら生きていくより、自分がやりたいことや適性に気づいて淡々と生きていくことが幸せなんだなぁと思わされました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月08日

なんとなく「世にも奇妙な物語」に出てきそうな印象を受けた作品。
主人公をサイコパスとして匂わせる描写がありつつも、物語は最後まで大きな事件は起きずに進んでいく。
主人公と白羽はともに社会性を欠いた人物として描かれながらも、ぶっ飛び度はやはり主人公のほうが一枚上手といったところ。しかし、程度の差はあれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play