コンビニ人間

コンビニ人間

作者名 :
通常価格 1,000円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

KADOKAWAマンガ・書籍が半額&無料

作品内容

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年07月27日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

sawa-susumu 2017年10月20日

作者はコンビニという空間内の人間、おもに店員をコンビニ人間ということでお書きになっているが、私は縄文人どうのとまでは言わないが、現代の会社員、組織人なども作者の云うコンビニ人だと思うのでストーリーよりも作者のその視点に面白みを感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月14日

リアルな人間模様が描かれていて、読んでいて引き込まれた。
普通って何なんだろう。
主人公は、少しズレた感覚があるけれど、やっぱり人間らしいと思ったし、
コンビニのバイトから人間味が出てきてることが手に取るようにわかった。

異常って?普通って?
価値観は様々!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月12日

なかなかブッとんでるなと思いながらも読み進めていった。
共感と気持ち悪さに目眩を覚えながらも読後は爽やかで清々しいのが不思議だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月12日

確かに「コンビニ人間」とはかくなるものか、と思う。

何が人間を人間たらしめているのかというのは、人々が認識しているよりも不確かなのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月09日

アルバイトで18年間コンビニに勤める主人公。
小さい頃より人と違うと言われてきたが、コンビニでは「店員」という仮面をかぶり、マニュアル通りにしているだけで、世界の部品の一部として認められる。新しいバイトの白羽と一緒に暮らし始めて、社会から「結婚」しており、「非処女」であり、「アルバイト」であることを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play