コンビニ人間

コンビニ人間

作者名 :
通常価格 1,000円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

まとめ買いがお得!小学館マンガ全作品20%OFFクーポン

作品内容

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年07月27日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

読みやすかったです。

あい 2016年10月07日

主人公である女性の思考は変わっているかも知れないが、「その通りだ」と共感する人も多いと思う。
「コンビニ」という場所に人が居て音が溢れている描写も読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月30日

面白い!気持ち悪い!(褒めてます)

人が人として社会生活を送る上で、息苦しさを感じることは誰もが経験することだ。他者と関わるということは、大なり小なり自分を曲げてすり減らすということだ。

ただ、「普通」の人々はその一瞬の息苦しさを体内に押し込めて暮らす。その方が、自分のため社会のために良い。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月28日

ちょっとこの本は読み方を間違えた。あまり考えずにストーリー重視で早く読み、そしてシュールな人物や展開を単純に楽しむという形にしてしまったが、最後の数ページでなんとなく後悔した。もっとしっかりと読めば良かったと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月15日

世の中を皮肉っているところが痛快だった。

主人公・恵子は、コンビニのためにコンビニとともにコンビによって生きている人間。勤務が終わってからも明日の勤務のために食事・睡眠をとり自分の肉体を整える。働いていない時間も、コンビニのために生きているのだ。

恵子はあまりにも極端な例だが、現代人の生活と変わ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

面白かった!

まこ 2017年08月08日

共感できる部分もあり出来ない部分もあり、それを全てひっくるめて
人間なんだと感じました
皆、どこかに居場所を求めて安心したいんだな
と、うっすら感じていた自分の気持ちを再認識しました。
おすすめです。


このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play