軍艦長門の生涯(上)
作者名 :

1~3巻配信中

価格 756~799円 (税込)

総排水量4万3千トン、40サンチ砲8門搭載、最高速力26.7ノット。世界最大・最強・最高速の戦艦としてその威容を誇った軍艦長門は、帝国海軍の栄光と矛盾を一身に背負って激動の大正・昭和期を生きた。連合艦隊が壊滅し、ただ一隻生き残った長門を、敗戦後待ちうけていたのは劇的な終焉……。一隻の軍艦の生涯を通して今よみがえる、“あの時代”の日本と日本人の一大スペクタクル!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年07月29日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 軍艦長門の生涯(上)
    通常版 1巻 799円(税込)
    総排水量4万3千トン、40サンチ砲8門搭載、最高速力26.7ノット。世界最大・最強・最高速の戦艦としてその威容を誇った軍艦長門は、帝国海軍の栄光と矛盾を一身に背負って激動の大正・昭和期を生きた。連合艦...
    カート

    試し読み

  • 軍艦長門の生涯(中)
    通常版 2巻 799円(税込)
    大正から昭和へと、暗く傾斜してゆく時代の流れの中を、長門は歩む。五・一五事件、二・二六事件、そして泥沼と化した日中戦争。やがて、軍内部での非戦論をよそに、日独伊三国軍事同盟も締結された。日米...
    カート

    試し読み

  • 軍艦長門の生涯(下)
    通常版 3巻 756円(税込)
    日米開戦回避の願いも空しく、昭和16年12月2日、連合艦隊旗艦長門より「新高山(ニイタカヤマ)登レ」は発信された。だが快進撃も束の間、時すでに海洋戦の主体は巨大戦艦から航空機へと移っていた。敗戦か...
    カート

    試し読み

軍艦長門の生涯(下)

Posted by ブクログ 2013年09月21日

昭和16年11月~

久しぶりに本読んで泣きました。これ読んだら、そりゃあ「長門」を好きになります。生涯なだけあって、「長門」が胎動し始めてから隠れる(沈む)までが、一個の人間のように描かれてます。フネという完全に無機物な主人公が本当に活き活きとして…おかげで最後が余計辛い。

巻末の解説が、今まで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

軍艦長門の生涯(上)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年12月08日

戦艦長門。

世界最大最強の戦艦として生まれ、長く連合艦隊の旗艦をつとめた「日本の誇り」。12隻あった戦艦のうち、たった1艦だけ生き残り、さいごは原爆の標的艦として太平洋に沈む。

大正9年・広島生まれの阿川弘之が、奇しくも自分と「同年同郷」の長門の生涯を描く。

このレビューは参考になりましたか?

軍艦長門の生涯(上)

Posted by ブクログ 2010年03月17日

 今も尚、静かに海の底に沈んでいる戦艦長門。
 彼の激動の人生(艦生?)を描いた小説。
 上中下あるが、どれも淡々と進む描写がリアリティある雰囲気。出てくる人が多すぎて途中でわけがわからなくなるけれど、確かに其処に生きていた人が居るわけで。それは凄いなと思います。

このレビューは参考になりましたか?