ライバル同士で協働するコカ・コーラとペプシコ、短期利益至上主義と戦うユニリーバ、サーバーのあり方を変えたHP、ゴミ処理をやめるゴミ処理業者ウェイスト・マネジメント……

世界の企業が、なぜ〈ビッグ・ピボット(大転換)〉するのか?

最悪記録を更新し続ける異常気象、逼迫する資源、否応なく求められる透明性。迫りくる世界規模の脅威に、いまやどの企業も他人事ではいられない。

いち早く気付いた先進企業は、脅威の本質を見極め、その先にあるチャンスをものにするべく、経営戦略の大胆な方向転換、つまり、ビッグ・ピボットをはじめている。目標の立て方から、ROIの定義、パートナーの考え方まで、あらゆる部分で大転換しなければ、もはや変化のスピードに追いつくことはできないのだ。

世界のトップ企業から熱い支持を受ける著者が、企業が見極めるべき3つの脅威とチャンス、そして、ビッグ・ピボットを実践するための10の戦略を説く。

グローバル競争で勝ち抜くことを模索する企業の経営陣や戦略担当者、必読!


ビッグ・ピボットを牽引したリーダーや担当者たちは、いかにマインドセットを変化させ、大転換を実現したのか。彼らのストーリーも、豊富に紹介する。

上記の企業の他にも、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、トヨタ、ウォルマート、キンバリー・クラーク、ナイキ、マークス・アンド・スペンサーといった巨大グローバル企業から、知られざる企業まで、著者が集めた約150のビッグ・ピボット企業の事例から、実践的な戦略を説く。


「何をすべきか(What)」だけでなく、「いかに実践するか(How)」にまで踏み込んだ実践書。

―日本語版序文: 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 特任教授 名和高司

(『成功企業の法則』『CSV 経営戦略』『学習優位の経営』)

ジャンル
出版社
英治出版
ページ数
480ページ
電子版発売日
2016年07月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ビッグ・ピボット ― なぜ巨大グローバル企業が〈大転換〉するのか

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月31日

SDGsの考え方についてその必要性、その対応方針について提言した本。

<メモ>
第二部でのビッグピボット対応戦略
ビジョンピボット
・短期的成果至上主義と戦う
・科学的根拠のある大きな目標を立てる
・異次元のイノベーションを追求する
バリューピボット
・社員全員を巻き込む
・ROIを再定義する
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?