十年前に埋めたタイムカプセル。忘れていたのは、離ればなれになるなんて想像もしていなかった時に交わした将来の約束。そして一つの後悔。今更思い出しても取り戻しのつかない、幼い頃の恋心。嫌いじゃないけどドキドキしない、そんな曖昧な恋愛関係に悩む千尋。部活から逃げ出した元サッカー少年の冬弥。定時制高校に通う不良少年の優。慣れないギャル生活で息苦しい美夏。家から出たくない引きこもりの時子。そして小学校の頃に喧嘩別れした少女を、今も想い続けている耀。十年前に記した「今の自分」への手紙が、彼らの運命を少しずつ変えていく。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

拝啓、十年後の君へ。

Posted by ブクログ 2017年06月11日

6人のことなった“想い”が、タイムカプセルを通して繋がっていることが美しいと感じた。

最後の場面で、小学校の頃の約束を信じてきた2人が出会えて本当に良かった。

1人1人が抱えているそれぞれの事情が鮮明に描かれていて、とても面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

拝啓、十年後の君へ。

Posted by ブクログ 2017年02月15日

ああ、これはいい!
最近お気に入りの青春物語作家の天沢さん。
そんな天沢さんの本作は、青春物語として百点満点の出来だと思う。

小1のクラスで書いた「十年後の自分への手紙」、いわゆるタイムカプセルが十年経って郵送で順繰りに送られていく展開。
もうタイムカプセルなんて言う題材からして青春だなあと思う(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

拝啓、十年後の君へ。

Posted by ブクログ 2016年08月22日

この本の初版発行は6月25日ですが,表紙通り春を感じさせる作品でした.一概に恋愛小説ということはできませんが,そういった側面が大きかったように思います.登場人物の6人,それぞれに個性があって,それぞれに物語があるので,作者(天沢夏月さん)はどんな人生を歩んできたんだろうと気になりました.

十年前の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

拝啓、十年後の君へ。

Posted by ブクログ 2017年12月11日

小学1年生の時に埋めたタイムカプセルが、全員集まって掘り起こすのが面倒だからと郵送で送られて来る所から始まります。十年前の自分からの手紙を受け取った彼らは何を想うのか。最初の千尋と最後の耀が気になりながら、二人目に入った時繋がりがなかったので、耀までランダムに選ばれた人を書いてるの?とちょっとテンシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

拝啓、十年後の君へ。

Posted by ブクログ 2017年08月30日

う~んいい話だった。  
過去、現在、そして未来。  
世界は広いけれど、狭い世間でみんな生きている。  
三歩進んで二歩下がりながら、上を向いて歩こう。

このレビューは参考になりましたか?