林檎甘いか酸っぱいか[青]

林檎甘いか酸っぱいか[青]

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

同人誌総集篇、CDブックレットやサイト掲載SSに書き下ろしを加えた「雪よ林檎の香のごとく」の続篇短篇集。本篇「雪よ林檎の香のごとく」翌朝の北海道のホテルでの話や、初めてのキス、初めての誕生日、初めての性の目覚め、卒業前後の話など、手探りで関係を深めていく志緒と桂の様子を鮮やかに描き出す。志緒の成人前のエピソード11篇を収録。

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
ディアプラス文庫
シリーズ
雪よ林檎の香のごとくシリーズ
電子版発売日
2016年07月21日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

林檎甘いか酸っぱいか[青] のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    番外編1

    匿名希望 2021年02月03日

    「雪よ林檎の香りのごとく」のその後と間の話が入っている番外編集です。サブキャラ、栫さんや、リカちゃんも出てきます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    林檎甘いか酸っぱいか[青]

    サイコロ 2017年03月04日

    見たいと思ったところが描かれているので感動しました。

    二人の距離感や空気感が切なかったり もどかしかったり
    そうそう!これが見たかった!というシーンが随所にあります。

    何度も何度も読みたい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月01日

    楽しみにしてました。林檎番外編の総集編。半分くらい未読でした。「青」バージョンは、志緒ちゃん成人前のエピソードということで、初々しい二人が読めます。特に、高校生の志緒ちゃん、激しい・・・!
    一番好きなお話は、「キスなんて大嫌い」。ららさんのイラストも大ッっっ好きです。志緒ちゃんの初めての・・・・アレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月31日

    同人誌で呼んでいるものも多かったのですが、呼んでいない掌小説も収録されていて嬉しかったです。
    大人になる前の、少しとがった青酸っぱい志緒ちゃんはやっぱり無謀で可愛くて、好きになってしまう先生の気持ち分かります。
    そして、とにかく二人がケンカしつつもイチャイチャしてる姿が一冊でしかもいろいろ見れるのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月30日

    待ちに待った一穂さんの新刊!
    大事にじっくり読もうと思っていたのに、気づいたらあっという間に読み終わっていました。
    青のほうは志緒ちゃんの成人式前までのエピソードを収録。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月12日

    「雪よ林檎の香のごとく」の続編とは思わなくて、先に読み始めてあれっ?て(笑)。

    あわてて文庫本買いました。
    単行本、2冊同時発売だったら新装版+続編って思わないかい、普通は。

    まぁ、なんにしろ「あ、こんなこともあったんだ、あの時」みたいな感じで楽しく読めました。

    さて次行くぞ!!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月17日

    【雪よ林檎の香のごとく】の薄い本やらブログSSやらを纏めた作品です。
    実は一穂作品、ある時期から相性の悪さを感じて読むのをやめて
    しまったのですが、このデビュー作は未だに売らずに手元に残してます。
    このたび、総集編ともいえる作品が出るとのことで、少し不安では
    ありましたが2冊同時に購入。

    こちらは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月02日

    今や手に入らない同人誌がまとめて読めるとはなんと嬉しい。
    同時発行の「赤」は成人後、こちらは成人前の完熟するまでの「青」
    本編の隙間を埋めるエピソードとその後が時間軸に沿って穏やかに綴られていて、短編ならではの時間や場面の切り取り方にほろっとさせられたりドキドキしたりぎゅっとなったり。
    二人きりでの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています