颯大の高校に、美しい双子の兄妹が転校してきた。平和な田舎町ですぐに人気者になった兄の海斗と、頑なに心を閉ざした妹の凪子。颯大は偶然凪子の素顔を知り、惹かれていく。間もなく学校のウサギが殺され、さらにクラスの女子が何者かに襲われた。犯人にされそうになる凪子を颯大は必死に守ろうとするが…。悲しい運命に翻弄された、ふたりの切ない恋。その、予想外の結末は…?

ジャンル
出版社
スターツ出版
掲載誌・レーベル
スターツ出版文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

さよならさえ、嘘だというのなら

Posted by ブクログ 2016年07月02日

真紗美さんはやはりこういうの書かせたら上手いなぁ。むかしよりずっとブラッシュアップしていい作品になったという印象です。

秘密を抱えていたのはヒロインだけでないんですよね。
ぜひ大人になったかつての少女たちに読んでほしいです。

このレビューは参考になりましたか?

さよならさえ、嘘だというのなら

Posted by ブクログ 2016年09月19日

閉鎖的な田舎町に隠された、大きな秘密。平穏な日常が、美しい双子が転校してきたその時から、少しずつ少しずつ変化していく。残酷な背景や、ぞっとする描写。ある種のファンタジーですが、すこしの現実味も帯びていて、ページを捲る手がとまりませんでした。

このレビューは参考になりましたか?