日本人は植物をどう利用してきたか
作者名 :

1巻配信中

価格 885円 (税込)

和紙をすくときに使う糊、節分に戸口に魔除けとして使うもの、家紋の半分以上に使われているもの、どれも植物だ。食料や家屋にはもちろん、日常の道具や楽しみにも、植物は用いられてきた。エネルギー・材料両面での石油依存や原子力からの脱却を考えるためにも、自然を暮らしの中に取り込んできた先人たちの知恵を学びたい。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波ジュニア新書
ページ数
220ページ
電子版発売日
2016年07月21日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

日本人は植物をどう利用してきたか

Posted by ブクログ 2013年02月16日

ジュニア新書で発行するのは、昔の伝統を若い人に教えるというスタンスなのだろう。しかし、内容はかなり詳しい。人間は植物の生産力の恩恵を受けて生きているのであり、それをどのように利用するか、その知恵や技術を蓄積してきたのが文化である。著者は植物学が専門だが、内容は文化にも及んでおり、期待した以上に読みご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

日本人は植物をどう利用してきたか

Posted by ブクログ 2012年08月18日

岩波ジュニア新書718~1食材として:2健康のために:3日常の道具として:4成分を利用する:5家の構成要素として:6年中行事との関わり~ああ・・・そうだね

このレビューは参考になりましたか?