大正時代より、東京・沼半井町に
傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、
名を「双亡亭」。
立ち入った先で闇と出会ってしまったら、
もはや己は己でなくなるだろう。
遺恨を辿る者達はその門戸へと
導かれ、集い、挑む。
おぞましき屋敷を破壊する為に…!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
208ページ
電子版発売日
2016年08月12日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 双亡亭壊すべし(1)
    通常版 1巻 432円(税込)
    大正時代より、東京・沼半井町に 傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、 名を「双亡亭」。 立ち入った先で闇と出会ってしまったら、 もはや己は己でなくなるだろう。 遺恨を辿る者達はその門戸へと 導かれ、集い、...
  • 双亡亭壊すべし(2)
    通常版 2巻 432円(税込)
    空爆でも傷一つつかぬ 幽霊屋敷「双亡亭」。 父を双亡亭に喰い殺された緑朗と 謎の少年・青一は、 強い復讐心を胸に道を急ぐ。 一方で、総理が懸けた 莫大な報奨金の元に集う破壊者達… 凧葉や紅、軍、対超...
  • 双亡亭壊すべし(3)
    通常版 3巻 432円(税込)
    総理が懸けた莫大な報奨金の元に開始された「双亡亭破壊作戦」。 奇怪な屋敷に立ち向かう“破壊者達”は、 不自然に飾られた自らの肖像画に取り込まれる。 彼らを待ち受けていたのは、耐えがたい絶望の世界… ...
  • 双亡亭壊すべし(4)
    通常版 4巻 432円(税込)
    双亡亭が見せる恐怖に打ち克ち、 肖像画から生還した凧葉と紅。 絵の奥に潜みながら人間の心身を欲し、 侵入者を人ならざる者へと変える “奴ら”は一体何者なのか…? その正体を知る青一は、 緑朗と歴代総理...
  • 双亡亭壊すべし(5)
    通常版 5巻 432円(税込)
    青一は自らの壮絶な過去を語る。 旅客機が不時着した異星で、 感情を知らぬ“あの人”と会った事。 侵略者達と45年間戦い続けた事・・・ そしてその過去は、双亡亭へと繋がっていた・・・!! 一方で、凧葉や...
  • 双亡亭壊すべし(6)
    通常版 6巻 432円(税込)
    惨劇を阻止すべく、屋敷の亡者を一掃せよ! 凧葉と紅に救われ、 一命を取り留めた破壊者達は 屋敷の深部へと歩を進める。 その先で、侵略者達の 恐るべき目的が明らかに…!! そして総理らと共に、 遂に双...
  • 双亡亭壊すべし(7)
    通常版 7巻 432円(税込)
    この屋敷の奥には、まだ見ぬ闇がある…!! 水路を求める亡者を阻止すべく、 液体窒素を爆発させた凧葉、紅ら破壊者達!! 決死の破壊作戦の結末は!? そして新たに、双亡亭へと入りゆく青一、緑朗。 奇妙...
  • 双亡亭壊すべし(8)
    通常版 8巻 432円(税込)
    屋敷の主・坂巻泥努の壮絶な半生とは…!? 昭和七年、五月十五日。 双亡亭に部下と踏み込んだ黄ノ下残花は、泥努と邂逅し彼の描いた「絵」に引き込まれた。 幼馴染みである泥努と残花の壮絶な過去、そして...
  • 双亡亭壊すべし(9)
    続巻入荷
    通常版 9巻 432円(税込)
    屋敷の奥へと進む者達を、次々襲う惨劇…! 双亡亭に巣喰う侵略者“しの”を体内に招き入れてしまった緑朗。 屋敷を破壊できる青一を殺さんとする黒い意志が、心身を駆け巡る…!! 残花と帰黒は深部へと進む...

双亡亭壊すべし(1)

Posted by ブクログ 2018年07月25日

藤田最新作はぞくぞくする。昔ながらのホラーな感じを再び前面に押し出すが、やっぱり登場人物が生きてると言うか熱い。怖いからおっかなびっくり読んでいる感じがする。

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(2)

Posted by ブクログ 2018年06月21日

異様な迫力は更に強烈に。なんという引きなんだろう。とても面白かった。ここまで怖い幽霊屋敷は見た事がない。

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(1)

購入済み

『うしおととら』以来の

ぱんがいあ 2017年10月27日

快作となる予感がする!

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(5)

購入済み

早く続きが読みたい

BookLive!会員 2017年09月24日

5巻めで双亡亭の秘密の一端が語られました。
今後、残った秘密がどう言うふうに開示されてくるのか楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(1)

Posted by ブクログ 2017年08月24日

大正時代より都下に建つ謎めいた廃屋「双亡亭」。
人を喰らうという噂のその屋敷は巨大な鉄球を撃ちこもうが空爆を仕掛けようが何をしようが絶対に壊れない最凶にして最恐のお化け屋敷。
昔日双亡亭に幼馴染の少女を取り殺された防衛大臣と総理は、職権乱用と公私混同を極めて、下記を合言葉に起ち上がる。
「双亡亭壊す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(5)

Posted by ブクログ 2017年07月21日

登場人物たちの過去が次々と明らかにされてゆく中、魔に取り込まれる者もあり、救われる者もあり。結末が見えない不安と混ぜこぜになった期待感で、胸が熱くなる。

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月11日

『正体不明の凶悪なる妖怪邸』(文字通り)をめぐる戦いの物語。
邸や青一の正体は何なのか? 主人公との関わりとは? そして一体どうすれば、あの筆舌に尽くしがたい恐ろしさをたたえた邸を壊すことができるのか!? 謎が謎呼ぶ展開に期待が膨らむ。

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(3)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月12日

ここに来て一気に面白くなってきました。
久しぶりに藤田ワールドに引き込まれた感じです。

ツライ「過去」に…負けんな…
ツラくて弱かった「自分」に負けんな…
ゼンブ引き受けて…
そいで…
自分をゆるしてやんな…
大きな声で…

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(3)

Posted by ブクログ 2017年01月27日

私の好きなものが詰め込まれてる、大好きな作品です
先が全然読めません
最大の魅力は、主人公のタコハが何も特別な人間じゃないという事だと思います
泥臭くて、実直で、愛すべき人物像

このレビューは参考になりましたか?

双亡亭壊すべし(1)

Posted by ブクログ 2017年01月20日

なんだかよく分からないワクワク感が私を襲う!!

昔のホラー漫画読んでるようででもキャラの温かみもあって面白かったです!

このレビューは参考になりましたか?