その少年は、世界の理を知っている―――

「超文明」「召喚術」「海賊」「大航海時代」「世界征服」。
誰もがワクワクする要素が、これでもかと詰め込まれた
皆川亮二最新作、ついの待望の単行本化!!

18世紀、西欧列国が海の向こうに新たな希望を見いだしていた時代。
一人の、巨大な本を背負った少年が、北極点に現れた……

『スプリガン』『ARMS』のヒロイックバトル!
『PEACE MAKER』『アダマス』の重厚エンタテインメント感! 
大注目の海洋ロマン活劇、第1巻!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ゲッサン
ページ数
212ページ
電子版発売日
2016年08月12日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 海王ダンテ(1)
    通常版 1巻 648円(税込)
    その少年は、世界の理を知っている――― 「超文明」「召喚術」「海賊」「大航海時代」「世界征服」。 誰もがワクワクする要素が、これでもかと詰め込まれた 皆川亮二最新作、ついの待望の単行本化!! 18世...
  • 海王ダンテ(2)
    通常版 2巻 648円(税込)
    「生命の本」をめぐる北極点での攻防を終え、 大英帝国海軍へ入隊したダンテ。 そこでの新たな出会い、そして―――戦い! 世界を蝕む黒き野望に、ダンテの魔導器が再び唸りを上げる! 皆川亮二最新作、新展...
  • 海王ダンテ(3)
    通常版 3巻 648円(税込)
    ダンテたちへの新たな指令。 それは英国の“植民地”、アメリカへの旅路…!! 突如出現する新手の海賊。その正体はやはり…!? 広大な荒野を舞台に激化する大胆不敵な冒険活劇、第3巻!!
  • 海王ダンテ(4)
    通常版 4巻 648円(税込)
    超巨弾!オーストラリア編、開幕! 米国での一件から、時は流れ・・・ ダンテは海軍中尉として、この世の「楽園」と呼ばれるオーストラリアへと向かう。 しかし、フランス軍の悪行により、 その巨大大陸...
  • 海王ダンテ(5)
    通常版 5巻 648円(税込)
    語られなかった過去が今、明らかに――! オーストラリアでナポリオ率いるフランス軍との激闘を終えたダンテ。 彼はその戦いのあで、ふと自分とナポリオとの過去を思い返す・・・ それは、彼らが持つ『要素...

海王ダンテ(2)

Posted by ブクログ 2017年01月13日

2巻の舞台はインド。少女ファニーと海軍士官同期のダミアン・パトリック。新たな仲間と出会います。これが黄金時代となるかどうか。
ナポレオンが面白メカで呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん、な立ち位置になりつつある。ジョゼがいるので敵役ではないからか?後にトラファルガーがあるだろうこと考えると、いつ関係...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(1)

Posted by ブクログ 2017年01月13日

コロンブスの遺した遺産。それは「要素」「構築」「生命」の3冊の本。その所持者はネルソン!ナポレオン!そして黒幕ジョゼ!
とんでもない海洋伝奇が始まる予感。

伝奇の匂いはわくわくどきどきを止まらなくさせてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(5)

Posted by ブクログ 2018年07月09日

ダンテとナポリオの過去。在りし日のコロンブスと「要素」と「構成」との出会い。このころから暗躍しているジョゼ。
コルシカ島での過去を振り返りつつ、オーストラリア編は続く。

『歴史の悠久を漂う私達』
『何度同じ歴史を繰り返せば』
『歴史の流れを早める必要がある』

「要素」と「構成」が語り合った言葉の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(4)

Posted by ブクログ 2018年02月12日

4巻の舞台は新大陸オーストラリア。
過去の歴史に学んで過ちを繰り返さないようとしているイギリスと、自国の成長戦略のために犠牲を顧みないフランス。所属している国家の方針の違いそのものが、ダンテとナポレオンの関係性に亀裂を生みます。
もう、おもしろどっきりメカのナポレオンではなくなってしまいました。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(3)

Posted by ブクログ 2017年07月14日

3巻のダンテ一行は、独立戦争直前のアメリカが舞台。
今回の主人公は、ウィリアム・ピット坊ちゃん。元イギリス首相の息子の血筋を鼻にかけプライド高く、人種差別発言多し。
その鼻持ちならないクソガキが、奴隷の実地体験と当時の黒人というレッテルを取り払って人間個人に触れることで、成長していく第3巻。
ウィリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(1)

Posted by ブクログ 2016年12月02日

原作者はいても皆川亮二が描けばなんでも皆川マンガになるのでは……? という位にはTHE・皆川マンガな、知識と行動力で危機を突破する冒険小説的な伝奇アクション。さすがに「新作」的な目新しさは薄いけどあいかわらず巧みな漫画力。

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(1)

Posted by ブクログ 2016年10月18日

なんでも記された古代の本、設定がまるでスプリガンですな。北極点を目指すのに極寒をサバイバルする薀蓄が出てくるのは面白かった。
相変わらず敵と戦ったあとに普通に仲間になるパターン、この作者のはいつもこれ。
ピースメーカーみたいに終わりどきを間違えてがっくりはやめてほしい

このレビューは参考になりましたか?

海王ダンテ(1)

購入済み

劣化激しい皆川漫画の典型

ボナベントゥーラ 2018年07月16日

それぞれ原作者が付いているので必ずしも正しくはありませんが、皆川漫画のオリジナルであり最高峰でもあるスプリガンを起点とすると、それ以降はみんな同じ定型の繰り返しです。史実や実社会をモチーフにした奇抜な世界観と、特異な能力を持つ魅力的な登場人物など舞台設定は白眉ですが、ストーリーは過去の焼増しで、御都...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?