京四郎を襲ってきた死んだはずの兄・朔。行方不明になった叔父の馨。めまぐるしく事態が動く中、有紗はついに自分の出生の秘密を知ってしまう。混乱する有紗を京四郎は優しく支えるが、伏見が京四郎に接触してきて?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2016年08月01日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇

Posted by ブクログ 2016年09月20日

飛鳥井勇馬は警官に変装していましたが彼はいったい何者なのでしょうか。

第5巻では魔術の恐ろしさがどれだけ描かれるのか注目しています。

このレビューは参考になりましたか?

桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇

Posted by ブクログ 2016年07月03日

時は大正。家柄だけは良いお嬢さまの有紗と、名門華族・烏丸家の御曹司である京四郎は「特別な雇用関係」にある。京四郎を襲ってきた死んだはずの兄・朔。行方不明になった叔父の馨。京四郎に対しての想いが変わりつつある最中、有紗は自分の出生にまつわる秘密をついに知ってしまう。さらに、三日月党からその身を狙われ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?