山とは即ち異界なり。
山小屋の主人や登山者たちが経験したこの世の現象とは思えない奇妙な56の実話拾遺集。
登山歴40年を超える著者が、山小屋の主人などから聞いた、ときに恐ろしく、ときに神秘的な、奇妙な山の体験談56話を収録。

<もくじ>
I 山の幽霊ばなし 
真冬の幽霊/体が透ける/屋久島の幽霊/窓辺に座っていた幽霊/看板のなかの顔/車のドアを閉めた謎の手/人間が怖い/幽霊に助けられた女性たち/甲斐駒ケ岳の幽霊/避難小屋の怪

II 人智を超えるもの 
浮かび上がる遭難遺体/夢に現れた遭難現場/「拝み屋さん」の予言/血を引く/霊が見える人たち/UFOの降りた山/もうひとりの登山者/謎の火の玉/静止する蝋燭の炎/幻のかりんとう/消える山小屋 /山の神に守られる?/大きな天狗/おいらんのかんざし/不思議な観音様

III 自然の不思議 
森のなかから助けを求める声/死者を悼むリス/空飛ぶキツネ/水筒に助けられた登山者/逃げなくなった野鳥たち/寒気/ダケカンバの夢/七転び八起木/雷で育つアズマシャクナゲ/天狗が木を伐る/天狗のテーブル/消えた戦闘機/風穴に響く愛犬の声/七年に一度山中に現れる幻の池/雲が教えてくれたこと/「更級日記」と富士噴火の謎?

IV ひとの不思議 
ザックの中身/謎のバンダナ/黒ずくめの遭難者/水晶山の遭難/消えたキスリング/オカリナ/山中の車/山上のストリーキング/中高年登山ブームのかげで/死相/赤い帽子/ツチノコより不思議な男/それでも医者か/水場のミステリー/山の仲間が支える命

*本書は2005年に東京新聞出版局から刊行された同名の書を再編集したものです。

ジャンル
出版社
山と溪谷社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年07月08日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新編 山のミステリー 異界としての山

Posted by ブクログ 2017年05月25日

異界としての山~1山の幽霊ばなし2人智を超えるもの3自然の不思議4ひとの不思議~やっぱりマタギの世界の方が不思議だけど、山小屋で働く人や登山者も不思議な体験をしている…らしい

このレビューは参考になりましたか?

新編 山のミステリー 異界としての山

Posted by ブクログ 2017年04月14日

 本書では山小屋の主人や登山愛好家の山にまつわる奇譚集。
 「山怪」とは違って、こちらは人に焦点が当てられる。

 登山家の死相が見えたり、遭難者がどこで死んでいるかが分かったりする山小屋の主人や、
 自分が死んだことにも気が付かずに山小屋を訪れる遭難者の魂など。

 昭和中期から平成にかけて、山の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新編 山のミステリー 異界としての山

Posted by ブクログ 2016年07月16日

<目次>
第1章  山の幽霊ばなし
第2章  人智を超えるもの
第3章  自然の不思議
第4章  ひとの不思議

<内容>
『山怪』が売れたせいか、こんな本も。これは「岳人」連載だったものを書籍化したもの。タイトルに”新版”とあるように、2005年初版のものをちょっと改変したもの。前半は山の怪談話だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?