――その少年は、ふしぎなしるしを現し、天命により東西の雲を焦がすであろう――  約370年前、キリスト教弾圧の嵐吹き荒れる九州天草の地。圧政に苦しむ人々の希望を背負い、ついに予言の神童が舞い降りた。彼の名を、天草四郎時貞という。徳川家光の治世、未曾有の農民一揆を発揮した少年・天草四郎時貞。歴史の渦に翻弄され、数奇な運命を受け入れた四郎の「もうひとつの」真実が今、明らかに!! オリジナル2分冊を一挙収録したスペシャル版!

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
バーズコミックス スペシャル
電子版発売日
2016年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

SHIMAVARA シマバラスペシャル版

Posted by ブクログ 2004年10月12日

タイトルで分かるかもしれませんが、島原の乱をベースにした天草四郎とその周りの人々の話。これがまた読み進めるにつれて胸が苦しくて苦しくて…。四郎の気持ちを思うと泣けます。

このレビューは参考になりましたか?

SHIMAVARA シマバラスペシャル版

Posted by ブクログ 2011年05月14日

天草四郎の物語。劇団☆新感線の『SHIROH』を観たからか、昔よりも話の深さが沁みました。実在の人物という時点で、やはり興味深いです。

このレビューは参考になりましたか?