娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心動かされる「傍聞き」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。巧妙な伏線と人間ドラマを見事に融合させた4編。表題作で08年日本推理作家協会賞短編部門受賞!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2016年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

傍聞き

Posted by ブクログ 2017年06月24日

先日、偶然、「傍聞き」のドラマを見て、原作も読んで見たくなりました。

「迷走」「傍聞き」「899」「迷い箱」の4編収録の短編集。
全て、良い意味で、読者の予想を裏切るストーリー。
短編小説で、これができる作家さんって、すごいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2016年01月25日

収録されている4編のどれもが傑作の短編ミステリ集。ミステリとしての斬れ味はもちろんのこと、職業小説・人情小説としても抜群である。
読みやすい文章で、ハラハラドキドキして最後は泣ける。これぞエンターテイメントの極意。

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2013年02月13日

短編の面白さを再確認させてくれるミステリ作品集。

50ページの短編が4作品なので、いまどき珍しいくらいの薄い文庫本。
しかしこの薄さと物語の内容はまったく一致しない。

この著者はとてつもない力量の持ち主だ。刑事や消防士、救急隊員がそれぞれの作品の主人公だが、そこで起こる事件や秘密や主人公が抱える...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2018年06月27日

短編集。主人公の職業がそれぞれ救急隊員、消防隊員、警察官、保護司など公務員に近い仕事のひとたちの物語。短編なので無駄な要素はあまりないが、貼られた複線が綺麗にまとまっていくのは読んでいて心地よい。
迷走する救急車、火事現場で見つからない赤ちゃん、お礼参りに警戒する刑事、出所者の四日間の行動などいろい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2018年06月19日

どこが面白いのか、と言われれば上手く答えることが出来ないが、ページを捲る手が止まらない一冊でした。

いつも読みはじめるときは、物語の中に入れるように気を遣って読むんですが、傍聞きは違いました。
スッと始まって、どんどん話に引き込まれて、最後にはなるほどっ!っと思わされてしまいました。

単純にミス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2018年04月23日

長らく読書の友となり、楽しませてくれてた
佐伯泰英の文庫本シリーズ物をほぼ読み終え、
途方に暮れて読書好きがオススメするサイトを探すと

出てきたのがこの本。

これは短編集で、しかもミステリー仕立て。
事件もの、警察もの、などが多いのだが
この短編集の特徴は、人間の心の交錯を描く
なんとも愛情感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

Posted by ブクログ 2017年10月23日

双葉文庫のミスフェアで「きっと騙される」っていう触れ込みで売ってあった本作品だが、「騙される」ってほどではなかった。どの話も最後にほっこりする(4作品目はちょっと悲しいけど)。きれいにまとまっていて、甲乙つけがたいが、個人的には『迷走』が一番好きだ。

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月17日

日本推理作家協会賞短編部門受賞で、かつ「この20年で最高傑作」的な帯だったので、最初からハードル上がりまくりで読んだので、ん?と思うが、作品としては普通に面白かった。救急隊員の謎の行動が意外な展開になる「迷走」、娘の行動に悩む女性刑事の物語で、表題ともなった「傍聞き」、元受刑者と施設の職員との心温ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月30日

*患者の搬送を避ける救急隊員の事情が胸に迫る「迷走」。娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心揺さぶられる「傍聞き」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。まったく予想のつかない展開と、人間ドラマが見事に融合した4編*

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傍聞き

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月10日

お初の作家さんの短編集。とても読み易かったです。文章の雰囲気が何処と無く浅田次郎に似てる気がする。各短編の主人公が救急救命士や消防士等あまり身近にない職業だったのが新鮮でした。

このレビューは参考になりましたか?