週刊誌の記者が何者かに殺された。偶然その場に居合わせた報道番組「ニュースイレブン」記者の布施は事件直後の現場撮影に成功、翌日のニュースで映像が流される。一方、継続捜査を受け持つ捜査一課の黒田はある暴力団の組員が殺害された事件を追う中で、記者殺害との奇妙な符合に気付く。しかし、二つの事件を繋ぐカギは踏み込んではならない聖域だった――。大人気“スクープ”シリーズ第3弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2016年08月04日

スクープシリーズ第三弾。
今回も布施の力の入りすぎない行動にあっけにとられ、ストーリー展開に興奮し、ドキドキしながら読み終えた。犯人はまさかの人だったけど、痛快だった。

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2015年12月27日

新米刑事とニュース番組デスクの目線から書かれています。
シリーズ3作目だそうです。
今野先生! 期待通りの展開でした。

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2018年06月19日

週刊誌の記者が何者かに殺された。偶然その場に居合わせた報道番組「ニュースイレブン」記者の布施は事件直後の現場撮影に成功、翌日のニュースで映像が流される。一方、継続捜査を受け持つ捜査一課の黒田はある暴力団の組員が殺害された事件を追う中で、記者殺害との奇妙な符合に気付く。しかし、二つの事件を繋ぐカギは踏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

購入済み

つかみどころのないスクープ記者

クラブ三省堂会員 2017年04月07日

局長と現場の記者の板挟みになる進行役。
仕事熱心な警察の上役他個性的なキャラクターが多く登場。
プロットの展開には注意が必要。

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2016年02月03日

スクープシリーズの3作目。地方のヤクザと政治家の絡んだスキャンダルの話。ネガティヴキャンペーンってのがマスコミによって作られてる面があるってことも大事な中身の一つだったかな。

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月25日

「スクープ」シリーズ 3作目
テレビ局の遊軍記者 VS 刑事 (+新聞記者) …
2作目同様、長編です。

またもや布施が偶然(?)週刊誌記者の殺害直後の現場動画の
スクープから。

今野敏の小説は安定感ありますね。
またベテランと若手とのやり取りも面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2015年08月27日

スクープシリーズの第3弾。短編だったスクープより読み応えあり。たまたま居合わせた殺人現場のスクープ映像を報道した事から事件の真相をニュース番組の遊軍記者布施の独自の嗅覚で暴いて行く。ハラハラドキドキもあり読後感は非常に痛快

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2015年08月09日

刑事物の信頼できる作家、今野敏。
スクープシリーズの第3弾は、長編でスクープよりも読み応えあり。ナイスです。

相変わらず魅力的すぎるキャラクターたち。
今回は、布施、黒田のふたりではなく、鳩村と谷口というふたりのサブキャラが布施黒田のような特別な人間じゃない普通な人間たちがかたり、悩み、彼らを見て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2015年07月21日

テレビ局の報道番組記者の布施と捜査一課の刑事・黒田が事件の真相を暴く、異色のミステリーシリーズの第3弾。

布施が偶然、スクープした週刊誌記者の殺害直後の現場に端を発し、事件は黒田が追う暴力団組員殺害事件と意外な形で結び付いていく。

なかなか面白いシリーズであり、三作とも一定水準に達しているが、第...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クローズアップ(スクープシリーズ)

Posted by ブクログ 2016年02月03日

”スクープ”シリーズの第1、第2を読まないままの第3弾。
それぞれの読み手の好みだろうが、著者の他のシリーズ(隠蔽捜査シリーズは大のお気に入りです)に比べると、ちょっと、という感が・・・
評判の第2弾を読んでみれば、評価も変わるかも。

このレビューは参考になりましたか?