社員が入社したときも、給与が変わったときも給与計算と社会保険の手続きが必要です。社員が引っ越したときも、結婚したときも子どもが生まれたときもそれらの改訂手続きをしなければなりません。どんなときにどんな手続きをして申請するのか、経理・総務の仕事はややこしいことばかりです。そこで本書は、次の4つのポイントに絞って解説しました。

1給与をスムーズに計算できるように実務の順に追って説明
2給与計算に必要な労働法の知識を解説
3給与計算に必要な社会保険の手続きを説明
4給与計算に必要な所得税の知識を解説

はじめてに人でもベテランの方でもこの本があれば、トラブルなく実務を処理できます。

ジャンル
出版社
かんき出版
ページ数
264ページ
電子版発売日
2016年07月05日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

<マイナンバー制度対応版>給与計算の事務がしっかりできる本

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月07日

ーーーーー↓T/K2016/12/15↓ーーーーー
【概要】
 給与計算に関連する支給項目や社保・労働保険について、広く浅く説明している基本書である。
年末調整についても基本的な事項の記載もあるため、年間を通じての給与計算事務について学ぶことができる。

【評価】
 80点

【共有したい内容】
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?