さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
紙の本 [参考] 999円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「心を開くって、どうするんだっけ…」28歳、性的経験なし。生きづらい人生の転機。高校卒業から10年間、息苦しさを感じて生きてきた日々。そんな自分を解き放つために選んだ手段が、「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった──自身を極限まで見つめ突破口を開いた、赤裸々すぎる実録マンガ。pixiv閲覧数480万超の話題作、全頁改稿・描き下ろしで書籍化。

ジャンル
出版社
イースト・プレス
ページ数
148ページ
電子版発売日
2016年06月30日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

購入済み

折り合いが大事

orennjikara 2017年03月28日

性欲が強い人は、大変だなあというのが、感想です。
性に対しての、強い罪悪感と、性欲の折り合いがうまくいかなかった。
この人が人並みな、性に感じる考えがあれば、このようにはならなかったはずなあ、、というのが感想です。
性欲が強い、イコール愛情深いともいえると思います。
今からでも、性に関して寛...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月25日

この作者は思っていることを理解するのに血反吐を吐いている。それによって救われている。自分をわかるのということは冒険なのだと思う。これだから表現活動ということそのものがすばらしい行為なんだ。
河合隼雄的に言えば、自己療養としての創作活動というやつでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月06日

タイトルと装丁がインパクト大ですが、中身は卑猥なのでは全然ないです
息苦しさを感じながら人生を生きてきた著者が、自分らしく生きるために選んだ手段とそれまでのお話です

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月04日

ネタとしてのレポかと思いきや著者の動機はかなり切実。
風俗体験記というよりはすごく動機の部分で読ませる作品だった。

「まっとうに働いて」ない自分が許せない。
自分を追い込むのはいつだって自分だ。
自分を責めるのも自分だ。
自分を大切にするにはお金がかかる。

そこにすごく共感した。
自分を許して大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月31日

pixivで読んで、単行本で一冊になるのを待っていたのに手に取って一度読み終えた晩に作中の思いが夢で再生されてうなされた記憶があって長く放置してました。 自己分析がとても優れておられて表現力がとても巧みな方だと思います。 苦しさから抜け出したからこそ当時の自分をネタとして書いておられるのかと思えば現...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play