ニック・メイソンの第二の人生
  • 値引き

ニック・メイソンの第二の人生

作者名 :
値引き価格 708円 (644円+税) 1月27日まで
通常価格 1,012円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

警官殺しの罪で服役中のニック・メイソンは、ある人物の手配で25年の刑期前に出所した。条件は、携帯電話が鳴ったら出てどんな指示であっても従うこと――。謎めいた指示は何のためなのか? 過酷な日々が始まる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年06月18日
紙の本の発売
2016年06月
サイズ(目安)
1MB

ニック・メイソンの第二の人生 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年06月27日

    あの『解錠師』の著者によるハードボイルド・ミステリーのシリーズ第1作。

    25年の刑期で刑務所に収監されていたニック・メイソンは暗黒街の大物、ダライアス・コールとの奇妙な取引により、5年余りで出所する。コールにより命じられる困難極まる指示にメイソンは…

    ドン・ウィンズロウっぽいようで、少し思い切り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    作者は傑作『解錠師』のスティーヴ・ハミルトンなので、かなり期待して読み始めたのだが……。うーん、微妙な読後感だった。やたらと自分にルールを課すストイックな主人公だが、やってることはチンケな泥棒に過ぎない。堅気になると約束して結婚したにも関わらず、うまい話を持ちかけられてあっさりと反故にし、挙げ句に刑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月21日

    『解錠師』の作者による新シリーズ第一弾。前作と雰囲気は全く異なり、今回は硬質な筆致のハード・ボイルド。

    先の読めないストーリーでさくさく進む。過去の事件やニックが抱える苦悩など、サイド・ストーリーを巧みに絡ませながら徐々にキャラクターを掘り下げていく展開はさすがです。ニックが一線を越えてしまうシー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月21日

    面白いけど、なすべき手段のない中でも主役のとる行動、姿勢には到底共感できず。
    友情とか男らしさとか、はきちがえてるとしか思えなくてモヤモヤ。

    このレビューは参考になりましたか?

「ニック・メイソン」シリーズ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ニック・メイソンの第二の人生
    値引き
    警官殺しの罪で服役中のニック・メイソンは、ある人物の手配で25年の刑期前に出所した。条件は、携帯電話が鳴ったら出てどんな指示であっても従うこと――。謎めいた指示は何のためなのか? 過酷な日々が始まる。
  • ニック・メイソンの脱出への道
    値引き
    絶対的な服従か、運命に抗うか―― 愛する者を守るため、男は孤高の闘いに挑む! “自由”の代償に殺し屋となったメイソン。新たな任務は雇い主を刑務所へと導いた検察側の証人を暗殺すること。堅牢な証人保護プログラム下にある人物を殺すのは至難の業だ。任務の最中、負傷した彼は瀕死の状態で恋人の家へ転がり込むが、それは愛する者を危機に晒す真の恐怖の始まりだった。怒りとともに彼は自身の運命を脱する決意をする。選択を誤れば、待つのは死。極限状態で生きる男を描く、ハードボイルド・ミステリ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング