東京・下町の枕倉北商店街はタヌキで大騒ぎ!? 通りの入り口に突如タヌキのでかい置物が置かれたり、頼みもしないタヌキそば10杯が出前されたり、喫茶店の前には分福茶釜が置かれたりと、犯人の意図も動機も分からない事件が続発。だがそれは、やがて殺人事件に発展する。容疑者は、第一発見者で失業中の唐岸誠矢、30歳。身の証を立てるため、誠矢は事件の謎に挑むが、直後に第2の殺人が……。頭から尻尾までタヌキ尽くしの異色ミステリー、第14回横溝正史賞佳作受賞!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2016年06月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

おなじ墓のムジナ 枕倉北商店街殺人事件

Posted by ブクログ 2009年04月30日

 主人公は商店街にある本屋の息子、失業中。その商店街でタヌキにまつわる小さな事件が続いたあと殺人事件が起きた。タヌキの謎と殺人事件はつながっているのか(いるに決まってるけど)? ユーモア・ミステリー。

このレビューは参考になりましたか?