ヒコベエ
作者名 :

1巻配信中

価格 756円 (税込)

満州で戦禍に巻きこまれ、命からがら日本へ引き揚げてきたヒコベエ一家は、信州諏訪に身を寄せる。なだらかな稜線を描く山や緑深い自然に囲まれ、ヒコベエは腕白坊主に成長する。やがて一家に訪れた転機。母の小説がベストセラーになり、父も作家の道を歩み始め……。貧しくとも家族は支え合い励まし合って暮していた。日本そして日本人が懸命に生きた昭和20年代を描く自伝的長編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年06月24日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ヒコベエ

Posted by ブクログ 2014年07月08日

『国家の品格』で有名な数学者、藤原正彦の自伝的小説『ヒコベエ』
藤原正彦さんらしく随所に自虐的な笑いをちりばめ、時に国家観や歴史を語る。
少年時代の甘酸っぱい恋の話なんてのもあって、、少し意外(笑)

少しずつ読んだのだけれど、毎度「ヒコベエに会いたいな」という気持ちで本を広げた。
まっすぐなヒコベ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?