日本仏教の歴史とは、「国家宗教」を民衆化するべく闘った思想家たちの歴史である。聖徳太子から空海、親鸞、道元、そして良寛まで、12人と思想から平易な言葉で解き明かす、日本仏教史。

ジャンル
出版社
河出書房新社
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

日本仏教史

Posted by ブクログ 2016年10月23日

伝来〜現代における宗教としての仏教のあり方をわかりやすく教えてくれている。
各時代、権力に使われてきた宗教、それに抗った高僧、修行僧。どの開祖もそれぞれテーマを持って時代の権力と戦い、従わざるえなかった…
人間界でこの状況、なんとなく日蓮の考えに惹かれてしまう。

このレビューは参考になりましたか?