桐生ふたば(32)はアニメ化もされるラブコメ漫画の作者であるが、
自分自身は“恋愛感情”がわからない人間である。

「そもそも女性が恋愛を好きだって、誰が決めた!?」

かなり拗らせたふたばだが、そんな彼女に対して、
職場の寡黙な年下アシスタント、通称アサシン、
そして年上のアニメの脚本家、通称軍師が突如として
アプローチを始める…!!!

「私の人生、いつから乙女ゲームになった!?」

“恋愛感情”がわからないアラサー女子による新感覚ラブコメ、スタート!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
裏サンデー女子部
ページ数
200ページ
電子版発売日
2016年06月24日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 桐生先生は恋愛がわからない。(1)
    完結
    通常版 1巻 463円(税込)
    桐生ふたば(32)はアニメ化もされるラブコメ漫画の作者であるが、 自分自身は“恋愛感情”がわからない人間である。 「そもそも女性が恋愛を好きだって、誰が決めた!?」 かなり拗らせたふたばだが、そん...
  • 桐生先生は恋愛がわからない。(2)
    完結
    通常版 2巻 463円(税込)
    32年間、“恋愛感情”という物がわからないまま生きてきた ラブコメ漫画家・桐生ふたば。 突如として彼女に、現実の恋の嵐が吹き荒れた。 アシスタントのクール男子、通称アサシン。 アニメの脚本家の年上...
  • 桐生先生は恋愛がわからない。(3)
    完結
    通常版 3巻 463円(税込)
    「恋愛感情がわからない」ラブコメ漫画家・桐生ふたば(32)は、年下のクールなアシスタント・アサシンと、年上の百戦錬磨の脚本家・軍師からのアプローチを受けている。 乙女ゲーム化した自分の人生に戸惑...
  • 桐生先生は恋愛がわからない。(4)
    完結
    通常版 4巻 432円(税込)
    “恋愛感情がわからない”アラサー女子・桐生ふたばは、アニメ化される漫画の作者であり、現在やり手の脚本家・軍師と、自分のアシスタントである通称・アサシンからアプローチを受けている。 創作の為にも...
  • 桐生先生は恋愛がわからない。(5)
    完結
    通常版 5巻 463円(税込)
    『恋愛感情がわからない』アラサー女子、桐生ふたば。 彼女が知りたくても知る事の出来なかった“恋愛感情”に対して、 ついに一つの結論が出る最終巻!! 結論のその時にふたばの隣に居るのは、軍師か、ア...

桐生先生は恋愛がわからない。(5)

購入済み

恋愛感情とは何か

mint 2018年06月08日

同性愛や性同一性障害に限らないセクシャルマイノリティについて、きちんと描かれていて、とても良い作品でした。安易に恋愛に転がらない展開も好印象です。

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(5)

Posted by ブクログ 2017年04月04日

最終巻発売後に全巻まとめて購入。恋愛感情がわからないラブコメ漫画家の女性を主人公にした恋愛作品。僕は恋愛作品が楽しめない人間なので、その設定が気になって読み始めたものの「いつか読むのがきつくなるんだろうな」と読まなくなることを前提に読んでいました。そして軍師とのデートをゲームのイベントをこなすかのよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(3)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月12日

軍師やアサシンの内面が描かれる度に、二人のめんどくさい不器用さがかわいいと思えてしまう、男子大学生・おっさん萌えマンガな3巻。でも、合意なくキスするのはいけないよね。「自分で納得できるとこまでは、恋愛感情ってもんを追求したい」ところまで来たふたばの成長も見ていてうれしいけれど、これは最終的にどちらか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(2)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月12日

恋愛感情というものがわからないために、異性に恋愛感情を向けられると警戒する主人公・ふたばが、他人をまっすぐ信じて理解していこうとする過程が素晴らしい。物語的にも、アサシンと軍師それぞれの内面が掘り下げられていたり、二人の衝突など、本格的に動き出した2巻。ふたばが介抱・看病など恋愛マンガの定番ネタを冷...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月12日

恋愛をネタにしたバトル漫画のような感じ?異性愛中心主義やロマンティックラブイデオロギーなど、恋愛や性についての社会の思い込みをバッサバサ切ってくれる爽快感。「そうそう!」って頷きながら読み終えた。

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(1)

Posted by ブクログ 2017年01月26日

「本質的に(社会の価値観から外れている)異質な自分」への戸惑い、葛藤、諦め、達観...表現しにくいニュアンス的なものを掬い上げるだけでなく、コミカルに描き、漫画としての娯楽性も成立させているところがすごい。

このレビューは参考になりましたか?

桐生先生は恋愛がわからない。(1)

ネタバレ購入済み

taunii 2017年08月20日

「マジョリティーによる決め付け」の大きな原因、名称を用いたカテゴライズを躊躇いなく乱発する主人公に違和感。

このレビューは参考になりましたか?