厳しさを増すこの時代を生き抜くには、実直に頑張るだけでなく、ときには「ズルさ」を発揮することも必要だ──。社会全体が敵になるような大きな困難を乗り越えてきた著者が、「人と比べない」、「嫌われることを恐れない」、「問題から目をそむけない」などの誰でも直面する11のテーマを解き明かしていく。2014年新書年間ベストセラー『人に強くなる極意』待望の第二弾。

ジャンル
出版社
青春出版社
掲載誌・レーベル
青春新書インテリジェンス
ページ数
216ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2016年11月09日

「直感力」つまり「違和感に気づく力」がないと理屈だけではズルく生きていくことはできません。
「違和感に気づく力」は「観察力」が必要です。
「観察力」は切羽詰まると身につくのかもしれません。
著書ではロシアやイスラエルといった史上大きな危機を経験した国の人は「直感力」に優れているとのことです。

この...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年06月25日

すぐに使えるノウハウ本と言うわけではないけど、考え方の肥やしになる、面白い本。何が書かれてたか、空で思い出すものではないけど、ふと、判断を迫られた拍子に思い出しそうな内容が詰まっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年06月04日

副題に「いまを生き抜く極意」と書かれている、この一冊。著者の佐藤優さんのこれまでの激動の人生を通じて体得されたまさに、「いまを生き抜く極意」が綴られています。いわゆる勤め人の方にはオススメできる一冊です。付箋は19枚付きました。

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年03月01日

適宜ズルさを発揮して、ストレスを最小化するという筆者のスタンスに共感する。
組織の中でうまくやっていくための、または不条理にうまく対処するための振る舞い方や、心の持ち方についてよく書いている。

根性論に陥らない柔軟な心が大事というメッセージは特に強く響いた。

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年01月24日

処世術を超えた大人入門書。塀の内側にいた筆者の言葉は切実だし一切の脚色がない。元外務省時代の一進一退を迫られる局面の数々、生き残りをかけた戦を乗り越えた筆者だからこそ。賢人の言葉や外国文化・思想の引用も適材適所でわかり易く合点がいく。自己啓発によくある偽善的押し付けがましさはない。大人が遭遇する様々...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年01月04日

心に残ったコメントをいくつか記載しておきたい。
・オフィスに社員が集まるというのは、競争心をあおるという点だけでも意味がある。本来善なる人間が社会や組織に属すると、競争心や功名心があおられ、他人より優越したいという欲望や支配欲・権力欲が生じる。
・若いうちは他人と比較してもっとがんばろう、ライバルに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2015年01月03日

ちょっと賢く生きてこうよと、人生の知恵を優しく教えてくれる本。大切なことはやっぱ身近の人間関係にあると。人と比べない、問題から目をそむけない、頭で考えない、時間に追われない、酒に飲まれない、失言しない、約束を破らない、恩を仇で返さない、嫌われることを恐れない、人を見た目で判断しない、上下関係を軽んじ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2014年12月30日

この本の中で一番琴線に触れたのは、『賢者の時間』を大切にする、というところである。『孤独は人を賢者にする』良い言葉だ。自分と向き合う孤独な時間の中で、それぞれに発見できるものがある、そう書いてあった。私も、そういう時間を大切にしたい。むしろ、そういう時間を持てる、ということはすごく贅沢なことだと思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

Posted by ブクログ 2018年10月30日

佐藤優による、生き方の指南書。月刊Big tomorrowの連載「佐藤優の人生修行」に加筆・再構成したもの。著者の豊富な経験に基づく、力強い文章に共感できる点が多い。ハッキリとした意見を述べていることに好感が持てる。
「最初から競争をしない人の中には、負ける自分を認めるのがイヤで外れている人もいま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「ズルさ」のすすめ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年07月12日

うまく生きるための処世術について書かれた本。「ズルい」というと狡猾な世渡り上手的な印象があるが、この本ではそういった面よりは、至極真っ当に生きる方法が書かれている。「人と比べない」、「嫌われることを恐れない」、「問題から目をそむけない」など、普遍的なテーマについて、元外交官で鈴木宗雄事件で長期間拘留...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?