創業家との確執、もの言う株主の圧力・・・・・・ 「前代未聞の権力闘争」はなぜ起きたのか。「セブン―イレブン」絶好調の陰で、誰がどう動いたか。内実を克明に追う緊迫のドキュメント! ! <井阪隆一社長独占インタビュー収録>
<目次>

第一章 緊迫の取締役会
第二章 緊急会見 崩れた「鈴木王国」
第三章 創業家との確執―資本と経営の歴史
第四章 なぜ社外取締役は役員人事に反対したのか
第五章 カリスマ無き後
終章 井阪隆一・セブン&アイHD新社長インタビュー

ジャンル
出版社
毎日新聞出版
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年06月10日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―

Posted by ブクログ 2017年09月17日

新聞社とは、まわりを常に気にしながら、
深い突っ込みをせずに、時系列を整理して解説する。
そのような編集能力を 
2016年4月16日のセブン&アイホールディングスの1日に
焦点を当てて、取締役会そして鈴木敏文退任の記者会見
から、何が見えるのかが 解説されている。

なるほど。
ニンゲンって 退け...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年07月07日

毎日新聞経済部による本。

感想。
全174ページ中、87ページが記者会見での説明内容や、サードポイントの書簡の転載で構成されている。
何か新しい意見を拾える本ではない。事実をコンパクトに入手できるという目的向き。

備忘録
・サードポイントの主張
①5期連続最高益の井坂氏の更迭は反対、②鈴木会長に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?