1952年、独裁政権下のバルセロナ。上流階級の未亡人が扼殺され、新人記者のアナが独占報道の担当に抜擢された。警察は強盗殺人として早期解決させようとするが、納得できない彼女は被害者宅から押収された書類を調べ、恋文を発見する。差出人がわからなかったが思わぬ援軍を得る。はとこの文献学者ベアトリズは、文章の綴り方、言い回し、形容詞等からその手紙を書いた人物像を巧みに導き出し、驚くべき手がかりを見つけ出してみせた。言語と文学をこよなく愛する文献学者と猪突猛進の新人記者、姉妹のようなふたりが織りなす傑作ミステリ!/解説=大矢博子

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
569ページ
電子版発売日
2016年06月01日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

偽りの書簡

Posted by ブクログ 2016年11月09日

新聞記者と言語学者の女性コンビが手紙や本から謎解きする過程を、じっくりじっくり楽しみました。人物設定がしっかりしていて、どの登場人物も魅力的。謎を解くにつれて窮地に追いやられていくところからの鮮やかな逆転劇がほんとに面白い!しかし、戦後まもないスペインが舞台という時代の閉塞感もあって、すっきり大団円...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

偽りの書簡

Posted by ブクログ 2017年05月27日

★3.5

東側ではないヨーロッパにあって、スペインがこれ程長きに渡り戦争と独裁政権下に身を置いていたとは知らなかった。それも1970年代までとは驚きだ。確かにスペイン内戦は聞いたことがあり、内戦時の悲劇を描いた『蝶の舌』も印象深い映画だった。
本作品は内戦後のスペインが舞台だが、言論統制が敷かれ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?