血の価値を決める三属性――明度(バリュー)、彩度(クロマ)、色相(ヒュー)――による階級制度に支配された巻き貝状の都市国家ライコス。その最下層にある唯一の酒場『霧笛(むてき)』で血液専門の探索業を営むロイスのもとに、少年ルークの捜索依頼が持ち込まれた。だが両親だと偽る男女は、事件の核心部分を語ろうとしない。価値ある血を持つと思われる少年に自らの過去の因縁を重ねたロイスは調査を始めるが、それは国家を揺るがす陰謀の序章に過ぎなかった。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年05月31日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 血と霧 1
    通常版 1巻 766円(税込)
    血の価値を決める三属性――明度(バリュー)、彩度(クロマ)、色相(ヒュー)――による階級制度に支配された巻き貝状の都市国家ライコス。その最下層にある唯一の酒場『霧笛(むてき)』で血液専門の探索業...
  • 血と霧 2 無名の英雄
    通常版 2巻 766円(税込)
    ロイスが救った少年ルークはオルタナ王家の王子だった。彼に、4年前に行方不明になった娘ミリアムの面影を見るロイス。一方ルークもまた血の分析官になるという夢を抱きはじめる。そうして穏やかな日々を...

血と霧 2 無名の英雄

Posted by ブクログ 2016年10月20日

文字通り血の持つ能力が、その人の貴賎を左右する世界の物語。
血は、情報にも武器にも、もちろん金にもなる。

高い能力を持つ王族が君臨し、力を持たない者は、蹂躙される。

主人公は、人生のすべてを失い、最下層で生きながら死んでいるも同然の生活を送っていたが、ある少年の捜索を機に、人生の意味を取り戻し、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 2 無名の英雄

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月22日

★ネタバレありです!★

久しぶりに大満足な本に出会うことができました。
1巻はワクワクしながら読みましたが、2巻は切なくて思わず泣いてしまいました。
先が気になって、一気に読み切りましたが、もう一度、じっくりと読み返してみたい作品です。

途中まで読んでみて、副題の「無名の英雄」は第四話のローグを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 1

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年09月18日

多崎礼さんの作品は本作で初めて読みました。

登場人物が皆、個性的で読んでいてワクワクします。
また、血液で各個人の価値が決まり、明度(バリュー)、彩度(クロマ)、色相(ヒュー)の三属性でその能力値が測られるという設定が面白い(まるでマンセル表色系!)。
上・下巻の書影から、ロイスとルークのイメージ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 1

Posted by ブクログ 2016年08月31日

バリューや何やとちょっと慣れるまで時間かかりましたが面白い。血によって生活もかわるヒエラルキー社会、曰くありげな主人公に雇い主(?)、最初は繋がってなかったものが、徐々に輪郭と背景をもつようになっていくと更に面白くなっていく。一筋縄ではいかないキャラクターの一人ひとりが多彩な魅力。

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 2 無名の英雄

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年07月27日

スチームパンク探偵譚の後篇。
表紙のルークがかっこかわいい。

ロイスを煮え切らないというのは簡単だけども、でもやっぱり最後まで頑張ったねと労いたい。
ギィはほんと好みのキャラしてたなー。
しかし子どもが死ぬのはツライ……本当にツライ……。

多崎先生によるとこれはシーズン1で、シーズン3まで構想が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 1

Posted by ブクログ 2016年06月18日

スチームパンクでハードボイルドで男やもめが凸凹バディ組んだりわがまま王子様と疑似家族したりする、好きなもの全部盛りのような多崎礼の新作。
おまけに性別不明の家主とか美味しすぎる。
「血」が価値をもつ世界観、巻き貝(スネイル)という都市国家の形態といい、独自の世界がまたとてもいい。
どこをとってもわく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 1

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月26日

ーー血に支配される国で、血に染まらぬものを探しつづける男。ーー
作中にずっと流れる鬱々とした灰色の雰囲気と、その中でキャラクターが時折チリチリと光るように生きているのがとても素敵な物語だった。血の三属性については、把握できるか不安もあったけれども自然と馴染むし、ブラッド〇〇がこうだからこうなるぞ、と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 1

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月09日

血に階級がある世界。女王に大切にされない王子が家出をし、何でも屋の元で厄介になる。あらすじとしては真新しさはないものの、すっきりとした文章と構築された世界で読ませてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 2 無名の英雄

Posted by ブクログ 2017年04月29日

完結編の2巻もとても面白かったです。ロイスやルークの過去が壮絶で切ない。そしてロイスが捜し求めていたミリアム…そんな!となりました。残酷な真実。ルークの決断と結果も、そんな!となりましたが。でもラスト辺りのロイスとアドリアの会話に一縷の望みを託して、続きもあったらいいなと思いました。血に支配された、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

血と霧 2 無名の英雄

Posted by ブクログ 2017年02月16日

シーズン1の2作目。というより上下巻といったほうが良かったのでは?
1作目より各自のキャラクターが深掘りされ生き生きとしている。ギイの昔話はなかったが、このキャラは謎としておきたい。
前作と比べて切ないストーリー。伏線は全て回収されオチも綺麗についた。出生の秘密などはなかなかに意外性があり面白かった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?