従来の仏教は、生きる上での「苦」の原因を、前世からの因縁や個人の心の奥底に巣食う強烈な自我に求めてきた。しかし、戦争で命を落としたり原発事故の被害に遭うことは、個人の過去や心のありように原因があるのだろうか。そうではなく、政治や社会構造に問題があるのではないか。ならばその苦の原因を取り除く行動を、いまや仏教は起こさなければならない。「すべての衆生を救わずにはいられない」という仏教徒の第一の使命に立ち返り、法然・親鸞によって確立された浄土仏教を受け継ぎながら、その教えの中味を現代的な形に作り変える。行動する仏教=エンゲイジド・ブッディズムの意欲作。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま学芸文庫
電子版発売日
2016年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

行動する仏教 ──法然・親鸞の教えを受けつぐ

Posted by ブクログ 2011年11月03日

末世であるかのような日本・世界の現状。「絶望」と「無関心」が人の心を蝕んでいる。

そのような中、法然・親鸞の教えを拠り所に、どのようなスタンスで現状と寄り添っていけばいいのか、過去の宗教家の足取りを踏まえ、言及し、凡夫である私たちに一定の心構えを示唆してくれているのが本書である。

法然・親鸞の教...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

行動する仏教 ──法然・親鸞の教えを受けつぐ

Posted by ブクログ 2012年02月12日

2014年99冊目。(再読)

「絶望」は「自己愛」から生まれる。
自己主張が叶わないところに生まれる。
完全に独立した自己「エゴ・セルフ」から、見えない繋がりも含めた無数の因・縁を感じる「エコ・セルフ」にシフトする必要があると説く。
私たちは「凡夫」であるという謙虚さが、末世の時代でも絶望を乗り越...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

行動する仏教 ──法然・親鸞の教えを受けつぐ

Posted by ブクログ 2014年12月22日

●以下引用

趣旨には賛同してくれても、実際に行動をともにする人は少ない。あるいは、どんなに正しく、また道理のある主張でも、人々がかならずしも耳を傾けてくれるとは限らない。こうした状況がつづくと、折角の運動も挫折しがち

どんなに正しくとも、また道理にかなった主張であっても、それが相手に受け容れられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

行動する仏教 ──法然・親鸞の教えを受けつぐ

Posted by ブクログ 2012年02月14日

副題は「法然・親鸞の教えを受けつぐ」
仏教(浄土仏教)を軸として3.11以後のこの世界での生き方・死生観を説く。
楽しかったなあ。

・南無阿弥陀仏
・あの世でなく現実で力を発揮
・不如意なことに力を注がない
・凡夫という人間観→希望へ

このレビューは参考になりましたか?