手妻と太神楽。寄席・神楽坂倶楽部には謎がいっぱい

華麗な手妻を披露する美貌の母娘。超難度の技を繰り出す太神楽界のサラブレッド青年。彼らをめぐる謎に新米席亭代理・希美子が挑む。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

高座の上の密室

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月08日

出版社の編集員から寄席《神楽坂倶楽部》の席亭(社長)代理として『出向』という形で働いている希美子。

前作では寄席の習慣、業界用語に付いていくのに精いっぱい…というより振り回されていただけの希美子でしたが、今回は少しずつ慣れてきて『席亭代理』、略して『席代』と呼ばれることにも戸惑わなくなってきてま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高座の上の密室

Posted by ブクログ 2015年07月15日

1冊目では主人公は振り回されてばかりでしたが、2冊目ではだいぶ地に足が着いた感じです。その分お話も落ち着いておもしろさも増して感じです。
2編ともきれいにまとまっていますが、手妻の天翔斎は好きになれなかった。子供のことで必死になっているのはわかるけど、興行主である席亭(代理)からの電話にも出ない、メ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高座の上の密室

Posted by ブクログ 2016年03月01日

密室というので、本当の事件があるのかと思ったのだけど、そういう展開ではないのね。
高座から消えた女の子の謎、ああいう展開で、本当によかった。
いろんな意味で、ちょっと物足りなくはあるけど、後味は悪くない。

このレビューは参考になりましたか?

高座の上の密室

Posted by ブクログ 2015年07月13日

定席神楽坂倶楽部の席亭代理のシリーズ第2弾。本シリーズは寄席を舞台にしていても、落語家ではなく、色物芸人さんたちを描くシリーズらしい。

そして今回は、ヅマヤのチョウちゃんこと五代目藤島天翔斎という手妻の芸人さんとその娘親子のお話と、太神楽の亀川鏡太夫、鏡之進親子のお話し。両方とも親子の絆を描いた人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高座の上の密室

Posted by ブクログ 2015年06月19日

神楽坂の寄席「神楽坂倶楽部」のシリーズ2作目。
あとがきにあるように噺家エピソードから離れて手妻と太神楽が主役の2編。
確かめてないけれど、前作から10日ほどしか経ってないのに驚いた(笑)
この先、相談に乗ってくれそうな同世代のキャラも出てきてやっとスピードが出てきた感じ。
メインは色物だけれど、楽...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?