「俺たちには、嘘をつく権利がある。 それはでかいほど罪がない」年齢性別ばらばらの4人のヒキコモリたちに、詐欺師が与えた3つの奇怪なミッションは、人間の創造、UMA(未確認動物)の捏造、そして……。彼らは疑い合い、庇い合い、そして出会わない(だってヒッキーだから! )。痛快無比「ヒキコモリ推奨エンターテイメント」が、名匠クラウス・フォアマンの装画を得て、ここに開幕!!「ねえ、ジェリーフィッシュって何者なの。 知ってるんでしょう? JJ、正直に答えて」 ヒキコモリ支援センター代表のカウンセラー竺原丈吉(JJ)は、いつも度の入ったサングラスを掛けて場当たり的に喋る、実に胡散臭い男だった。 あるとき彼は、ネットを介して顧客たちを連携させ、アゲハ・プロジェクトなる怪し気な計画を始動する。「人間創りに参加してほしい。“不気味の谷”を越えたい」 当惑するヒッキーたちの疑心は、“Jellyfish”を名乗る謎の暗鬼を生み、やがてプロジェクトは世間を騒がす事件へと発展していく……。JJの目的は、金か、カウンセリングか、たんなるヒマ潰しか?そして、ジェリーフィッシュの正体とは――。著者渾身の傑作エンターテインメント長篇小説!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年05月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ヒッキーヒッキーシェイク

Posted by ブクログ 2016年10月04日

にやにやする!不気味の谷の向こう側。もっとスカッとする感じのお話かとおもってたけど、これはこれで。ひきこもりたちがわちゃわちゃするやつ。一気に読んだ。

このレビューは参考になりましたか?