2008年6月、栗駒山中腹の共英村は凄まじい揺れに呑み込まれた。崩れる山、倒壊する家々。故郷の危機に胸引き裂かれる智志。そんな中、祖父・耕一が行方不明に。耕一は共英村の開拓一世だった。結婚、仲間の死、起死回生のイチゴ栽培、はじめて電灯が灯った日……。祖父の物語は土と汗と涙と、笑いに満ちたものだった。この土地は、俺らが守る! 智志は奮い立った。復興にかけた三世代の物語。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年05月25日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

光降る丘

Posted by ブクログ 2016年05月27日

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けた栗原市耕英地区を舞台にした祖父と父親と息子の三世代を描いた物語。

岩手・宮城内陸地震の翌年から東日本大震災を挟んで連載された物語は、多くの被災者に希望の光と生きることへの勇気を与えてくれる内容だった。直下型の地震に見舞われ、苦闘す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

光降る丘

Posted by ブクログ 2017年05月16日

宮城県にある実在する市をモデルに描かれた一冊。
戦後、地区を開拓した祖父、
二代目 三代目と続く父親、息子の話。

開拓一世になる祖父たちのなんと力強いことか。
東京生まれ東京育ちの私には想像もつかないけれど、
自らの手で生活を築き上げてきた主人公たちは
想像以上に、一日一日を丁寧に生きていってるの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?