明日、世界が終わるとしても
作者名 :

1巻配信中

価格 749円 (税込)

それは新たな悲劇か。それとも、悲劇を乗り越えた希望か。一九九九の年、七の月、空から恐怖の大王が降ってくるだろう――ノストラダムスの予言を知った四人の高校生は「死」を思い、残された期限をどう生きるかを考える。その記憶は、大人になった彼らの人生に意外な影響を与えていくのだった。夢に挑む史生、意外な職につく恵津子。時代の荒波に揉まれながらも「生きること」に真摯に向き合う彼らの姿を描く、胸を揺さぶる物語。『虹とノストラダムス』を改題。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

明日、世界が終わるとしても

Posted by ブクログ 2016年05月21日

ミステリとは違う彼の作品は初めて読んだ。
パソコン通信が全盛だったころ、彼がフォーラムオペをやっていたなぁなどと思い出した。

そんな話は出てこないが、昔を懐かしく思う作品。
ラスト、衝撃の1行。世界の終わりを見た。

このレビューは参考になりましたか?